内面意識の過去方向と未来方向
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
内面意識の過去方向と未来方向
 (図1)に内面意識の過去方向と未来方向を記載しました。(磁界は内面意識を意味します)

 @の自分の意識(右向きの矢印)が未来方向、Aの自分の意識(左向きの矢印)が過去方向になります。(過去と未来 ご参照)

 磁界は電界と共に電磁波(光)になります。
 @において、自分は他者の認識客体になります。よって自分の周囲は未来になります。従って、@の自分の意識方向は未来方向になるのです。

図1.内面意識の過去方向と未来方向
 Aの自分の意識方向は過去方向になります。
 意識の過去、未来の方向性が、霊位に影響を与えます。
 意識の方向性と霊位の関係は右の表になります。
  時間 霊位
@  未来方向   徳の増加   霊位上昇 
A  過去方向   徳の減少   霊位低下 
 過去方向は霊位低下を意味し、未来方向が霊位上昇を意味します。
 過去にこだわりすぎると、霊位が低下してしまうことになります。
 未来に希望をもって生きれば、霊位は上昇します。

 @Aの意識の2方向が、徳の増加・減少を意味します。
 @が徳の増加、Aが徳の減少につながります。

 未来方向の意識を中心とする生活は、霊位上昇につながります。
 天界とは、未来を創造する世界なのです。私たちの世界は、天界等の神霊が創造した世界の写しとして成立しているのです。

 逆に過去方向の意識を中心とする生活を送ると、霊位は低下します。
 過去を気にして、未来に希望を持たない生活をしていると、霊位が低下するのです。

業念とは何か

 ある人の霊位がマイナスであるとは、磁界エネルギー(内面意識のエネルギー量)のマイナス状態のことです。
 霊位プラスとは、磁界エネルギーのプラス状態のことです。

図2 図3
 磁界を発生させると、電界が発生します(図2)。
 磁界エネルギーがマイナスというのは、この磁界の回転が逆回転することを意味します(図3)。この場合、電界方向は逆を向きます。

 磁界エネルギーがマイナスになると(霊位マイナスになると)、電磁波(内面意識)の進行方向が逆向きになります。
 内面意識は通常未来を向いています(図1の@の状態)。
 しかし、霊位がマイナスになると、内面意識が過去を向きます(図1のAの状態)。
 未来を創造する力がなくなり、過去を生きることになるのです。

 救済が必要な人というのは、このように霊位マイナス状態の人なのです。
 肉体消滅後に霊位マイナスの場合、未来を創造することができず、過去を生きる(過去を反省する)状態になってしまうのです。
 尚、霊位マイナスでも肉体がある場合(存命中の場合)、指導神霊等から磁界エネルギーの供給を受けるため、未来を創造することが可能です。しかし、肉体消滅後は、この供給はありません。ですから、早めに霊位をプラスにして、肉体消滅後に備える必要があるのです。

 未来方向の意識を続ければ、霊位は上昇を続けます。
 逆に、過去方向の意識は霊位低下につながります。
 業念とは霊位低下につながる意識のことです。過去方向の意識が業念なのです。

 世界はフラクタル構造なので、電磁波(内面意識)は宇宙を循環します。通常の電磁波は点から広がり、循環して点に戻ります。
 この電磁波(内面意識)は宇宙全体にエネルギーを与えることになります。
 過去方向の電磁波(磁界エネルギーマイナス)は点に入ります。周囲の空間を外側から覆って、再び点の中に入ります。循環の方向が通常の光と逆方向なのです。
 この電磁波は周囲からエネルギーを奪うことになります。

 結局、霊位プラスの電磁波は周囲にエネルギーを与え、霊位マイナスの電磁波は周囲からエネルギーを奪うのです。
 社会全体の霊位がマイナスになると雰囲気が暗くなります。活動エネルギー(磁界エネルギー)を奪われながら生活するため、明るさ、活力がなくなってしまうのです。

 輝の会による人類全体の霊位向上は、人類全体にエネルギーを与えることになります。
 活力にあふれ、創造力豊かな社会を日々構築していることになるのです。

磁界エネルギーによる病気治療

 病気の原因は人々の想念行為にあります。
 病気の原因となる細菌やウイルスは、原子・分子で構成されています。原子・分子は人の意識による認識処理の結果です。

 業念を発すると、原子内部の磁界エネルギー(内面意識のエネルギー)として記録されます。
 そして、このエネルギーが消去される際、原子・分子に影響を与え、細菌やウイルスなどの発生につながるのです。
 細菌・ウイルス・がん、いずれも本質的な原因は人の業念や我念、誤った行為等なのです。
 (がんについては 磁界エネルギーによるがん治療 ご参照)。
  これらがフラクタルにより原子・分子等に影響を与え、不調和な状態を生み出しているのです。

 輝の会の人類浄化は、天界の磁界エネルギー(オーラ)により業念を消去することにより、病気の発生を防止しています。
 輝の会は日々病気を消去することにより、人々の健康維持に貢献し続けているのです。

(2011.10.13 午後1時 記載)
 天界は完全調和の世界です。(天界は完全調和の世界 ご参照)
 天界の磁界エネルギーは原子内の磁界エネルギーを上回っているため、原子内の不調和な想念行為の記録を全て消去することが可能です。すると病気の原因が無くなるため、症状も改善します。

 このように、天界の磁界エネルギーにより原子内部の磁界を本来の調和状態に戻すことにより、病気を治療することが可能なのです。

(2011.10.14 午後0時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.