磁界エネルギーは活動エネルギー
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
磁界エネルギーは活動エネルギー

 人の活動は、脳や神経に電流が流れることにより行われています。
 電流が流れなければ、体は動きません。
 しかし、科学や医学では、この電流が流れる理由を解明できていません。

 私たちは体を自在に操ることにより生活しています。ですから、体を動かす脳や神経の電流は、自分自身の意識でコントロールしていると考えるのが自然です。

 磁界のエネルギーは人の内面意識のエネルギーです。
 (霊位は磁界のエネルギー ご参照)。

 磁界のエネルギー(内面意識)を操作して電界をコントロールすることにより、体内に電流を発生させます。このようにして私たちは肉体をコントロールしているのです。

 磁界のエネルギー(積徳量)が多い人ほど磁界の圧力が高くなるため、電界をコントロールする力が強くなります。その結果、肉体をコントロールする力が強くなります。スポーツや学問を行う能力が高くなるのです。
 このように積徳量(磁界エネルギー)を増やし、霊位を高めることが、人の活動量の増加につながります。

 磁界エネルギーは人の活動エネルギーなのです。

磁界エネルギーは高い霊位の世界から供給される

 霊位とは、磁界のエネルギー準位のことです。
 霊位の高い世界が磁界エネルギーの多い世界になっています。霊位が高くなると、磁界エネルギーの圧力が高くなるのです。
 磁界エネルギーは、圧力の高い方から低い方に流れます。霊位の高い世界から低い世界へ、磁界エネルギーが流れているのです。

 これが人々の活動エネルギーの源泉なのです。高い霊位の世界から供給される磁界エネルギーで、人々は活動を行っているのです。

 体の細胞の活動も、この磁界エネルギーで行われています。供給される磁界エネルギーと電界(電流)の相互作用で、肉体は構成されているのです。

 細胞は分子で構成されています。分子は原子の組合せで構成されています。原子は電子と原子核で構成されています。
 よって、磁界エネルギーをコントロールすると、細胞の状態をコントロールすることが可能なのです。

  磁界 → 電子 → 原子 → 分子 → 細胞

 この順番で細胞をコントロールできるのです。
 このように、磁界エネルギー(内面意識)のはたらきで、肉体は維持されているのです。

 最も霊位の高い存在は全体意識です。全体意識は天そのものです。
 (全体意識については 釈迦を越えた日 第二章 精神世界の構造 ご参照)

 天から供給されるエネルギーで、全ての人は活動を行っています。
 天は全ての活動エネルギーの供給源です。
 天が全ての生命の発生源なのです。

(2011.10.6 午後8時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.