磁界エネルギーによるがん治療
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
磁界エネルギーによるがん治療

 磁界エネルギー不足が病気の根本原因です。
 (磁界エネルギー不足が病気の根本原因 ご参照)

 がんは遺伝子情報の異常で発生します。(肉食(哺乳類)によるがんの発生 ご参照)
 ここでは人の肉食(哺乳類)等の行動パターンが遺伝子に記録されると説明しました。

 人の行動パターンは、電界・磁界の相互作用により人の内面意識に磁界エネルギーとして記録されます。
 肉食(哺乳類)を含む不調和な行動が業念として記録されるのです。この業念のエネルギーは原子内部のエネルギー準位として記録されます。この記録が消去される際、遺伝子の異常が起こり、がんが発生するのです。

 がんは再発する場合があります。これは当初のがんの症状で原子内部の業念の記録が消去しきれていないケースです。消去しきれていない業念が消去される際に、がんの再発という症状になるのです。
 従って、がんを完全に治療するためには、がん細胞と取り除けば済む訳ではありません。原子内に蓄積された業念エネルギーを全て消去する必要があるのです。
 そうすれば、がんは再発しなくなるのです。

 天界のエネルギー(磁界エネルギー)は、原子のエネルギー準位より高いため、原子内部の業念(肉食(哺乳類)による業念を含む)を全て消去することが可能です。
 天界のエネルギー(磁界のエネルギー、オーラ)を用いれば、がんの原因である業念を消去することが可能なのです。
 (天界については 霊位分布図 ご参照)

 霊位が天界に到達すると、自身の内面から天界のエネルギーを放射することが可能になります。その結果、がんの原因である業念を全て消去することが可能となります。
 自身の霊位を天界に到達させること(天界入りすること)が、がんの治療に極めて有効な方法なのです。

天界入りする方法

 滝沢輝(輝の会会長)の霊位が天界に到達したのは2005年です。
 それまで、天界入りする人はほとんどいませんでした。

 霊位分布図には日本人の霊位別人数を記載しています。2008年6月時点でも、天界入りする人はほとんどいなかったのです。
 しかし、人類救済の基本源理をはじめとする輝の会教義の普及により、人類全体の霊位が急激な上昇を始めています。
 輝の会に入会し、人類浄化を行うことが、天界入りために最も有効な方法なのです。

 輝の会への入会方法については、以下のページを参照願います。
 輝の会(詳細説明)

 また、開運でも霊位向上を受け付けています。(開運はどなたでもお申し込み可能です)
 開運には積徳と悟り(霊位向上)の2種類あります。
 どちらか一方のみを申し込むこともできますし、両方同時に申し込むことも可能です。

 開運をお申込頂いた方には、天界の磁界エネルギーをお送りします。
 電磁波の原理で、天界の磁界エネルギーは世界中のどなたにでも送ることが可能なのです。

 積徳と悟りの違いは、磁界エネルギーの送り先となる(お申込者の)意識の方向性の違いです。
 表面意識(通常の意識)に磁界エネルギーを送る場合を積徳と呼びます。
 内面意識に磁界エネルギーを送る場合を悟り(霊位向上)と呼びます。
 (表面意識・内面意識については、表面意識と内面意識 ご参照)

 積徳は社会生活における運気回復に寄与します。当然体調も改善します。
 霊位向上だけでなく、積徳もがん対策として有効な方法なのです。

 開運に関する詳しい説明は、以下のページを参照願います。
 開運のご案内
 開運方法(詳細説明)

(2011.10.11 午後5時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.