武器削減運
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 輝の神の徳 > 武器削減運
ウクライナが攻撃される理由はマイナスの武器削減運

国 名

2022.2.4
2022.12.23
ウクライナ − (10の25268乗) − (10の19681乗)
ロシア − (10の27176乗) − (10の28813乗)

※武器削減運の単位は(人・年

 表にウクライナとロシアの武器削減運を2時点分(2022.2.4(北京オリンピック開会式)、2022.12.20)記載しました。

 驚くのは、両国の2022年2月時点における武器削減運のマイナスの大きさです。
 ウクライナの武器削減運の絶対値は、北朝鮮をはるかに上回り、中国に近い値です。
 (世界各国の武器削減運 ご参照)
 これは、ウクライナが軍事力で他国に与えた脅威が、現在の北朝鮮をはるかに上回り、中國に近いことを意味します。

 ソ連時代のウクライナには、大量の核兵器が配備されていました。
 1991年時点では、ウクライナは世界第3位の核兵器保有国でした。
 ウクライナは、世界に核戦争の脅威を与え続けていたことになります。
 その結果、2022年2月時点でも、莫大なマイナスの武器削減運が記録されていたのです。

 2022年2月にロシアの侵攻を受けてから、ウクライナの武器削減運の絶対値は減少を続けています。
 しかし、現在でも莫大なマイナスの武器削減運が残っています。
 マイナス武器削減運が0に近づけば近づくほど、ウクライナの状況は改善すると考えられます。

 一方、ロシアの武器削減運は、2022年2月のウクライナ侵攻以降、マイナスが拡大しています。
 他国を攻撃すると、マイナスの武器削減運が記録されるためです。
 その結果、ロシアは攻撃される等の形で被害を受けることになります。

 政府は防衛のためという理由で日本の軍事力増強を主張していますが、これが誤りであることは明白です。
 ウクライナが攻撃されている理由は、軍事力で他国を威圧していたことです。
 軍事力で他国に攻撃圧力を加えると、やがて攻撃される等の形で自国民が被害を受けることになります。
 日本が軍事力を増強して他国に圧力を加えれば、やがて日本人が被害を受けます。

 ロシアによるウクライナ侵攻が、マイナスの武器削減運の消去過程として行われていることを、ご理解頂きたいと思います。

(2022.12.23 午後10時 記載)
前のページへ     次のページへ

武器削減運 目次
武器削減運
 武器削減運の説明。
武器削減運担当創造神
 武器削減運担当創造神は交代しました。
他国攻撃を可能にすることは殺人以上の犯罪
 軍事力で他国攻撃を可能にすることは、殺人以上の犯罪です。
安全保障関連法は殺人以上の犯罪
 安全保障関連法は殺人以上の犯罪です。
武器削減運別人数分布
 武器削減運別人数分布を公開しました。
世界各国の武器削減運
 武器削減運の国別の合計を紹介。
ウクライナが攻撃される理由はマイナスの武器削減運
 ウクライナが攻撃される理由は、マイナスの武器削減運です。
新型コロナウイルス感染症の原因となるマイナスの武器削減運
 マイナスの武器削減運は新型コロナウイルス感染症の原因となります。
新型コロナウイルス感染拡大と武器削減運の推移
 新型コロナウイルス感染拡大により武器削減運のマイナスが縮小しています。
自国民の命を奪う他国攻撃可能な軍事力
 他国攻撃可能な軍事力により命を奪われた自国民の人数を公開。
 アメリカ人90万人以上がアメリカの軍事力の犠牲になりました。
日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法
 安全保障関連法により3万人以上の日本人の命が失われました。
第2次世界大戦における日本の武器削減運
 第2次世界大戦における日本人の犠牲者300万人超は、マイナスの武器削減運消去過程で生じました。
日本の武器削減運(マイナス分)消去
 輝の会は日本の武器削減運(マイナス分)を消去しました。
自由は時間の指数関数
 自由は時間の指数関数です。
マイナスの武器削減運の絶対値は指数関数として増加
 マイナスの武器削減運の絶対値は指数関数として増加します。
業念は時間の指数関数として増加
 業念は時間の指数関数として増加します。
命と不調和想念の関係
 命と不調和想念の関係を説明。
マイナスの武器削減運を回避する方法
 マイナスの武器削減運が記録されない方法の解説。
軍事力全廃が天意
 軍事力全廃が天意である理由の説明。
他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少
 他国攻撃可能な軍事力を肯定する人の結婚運・子孫運は減少します。
「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止
 「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止効果の説明。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.