武器削減運
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 輝の神の徳 > 武器削減運

他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少

 他国攻撃可能な軍事力を肯定する人の結婚運・子孫運は減少します。

 輝の神(滝沢(輝の会会長)の霊界の意識)が、この内容を天意として申請し、採用されました。

 申請した天意の内容は以下の通りです。

--------------------
 「他国を攻撃可能な軍事力保有は正当である」と主張する人Aは、他国の自由を奪うことが正当であると主張していることになる。(他国攻撃を可能にすることは殺人以上の犯罪 ご参照)
 これは、マイナスの武器削減運が蓄積される原因になる。
 そして、他国による自国攻撃可能な武器の保有を促し、戦争の原因を作ることになる。
 世界各国は互いに影響を与え合うため、他国間の戦争に対しても、Aの主張が影響を与える。
 戦争で人が亡くなる場合、殺害した人の行為が正当防衛でない限り、責任者の子孫運が減少する。
 この場合、責任の一部はAにある。
 Aの主張がこの戦争の原因の一部になったためである。
 よって、Aの子孫運を責任の分だけ減少させるべきである。
 結婚運も同様である。
--------------------

 尚、この天意成立により、戦争で人を殺害する行為の責任者の結婚運・子孫運は、Aに記録されるマイナス分だけ増加します。

 他国攻撃可能な軍事力を否定する人の結婚運・子孫運は増加します。
 これは、上記の天意申請の際、他の創造神が提案し、天意として採用された内容です。

 安全保障関連法が正しいと主張する人(安全保障関連法を支持する人)の結婚運・子孫運は減少します。
 上記の天意から当然です。

 日本の軍事費の増加に賛成する人の結婚運・子孫運も減少します。
 同じ理由です。

 この天意は過去の人生に対しても適用されます。
 その結果、多くの人々の結婚運・子孫運が増加・減少しました。
  (現役地球人類)数億人の結婚運が1回以上増加・減少しました。
 また、数億人の子孫運が1人以上増加・減少しました。

 上記の天意から、安全保障関連法の廃止・軍事力全廃が、少子化対策として極めて有効であることが分かります。

 安全保障関連法の廃止・軍事力全廃が少子化対策になることを、ご理解頂きたいと思います。

(2023.8.22 午後5時 記載)
前のページへ     次のページへ

武器削減運 目次
武器削減運
 武器削減運の説明。
武器削減運担当創造神
 武器削減運担当創造神は交代しました。
他国攻撃を可能にすることは殺人以上の犯罪
 軍事力で他国攻撃を可能にすることは、殺人以上の犯罪です。
安全保障関連法は殺人以上の犯罪
 安全保障関連法は殺人以上の犯罪です。
武器削減運別人数分布
 武器削減運別人数分布を公開しました。
世界各国の武器削減運
 武器削減運の国別の合計を紹介。
ウクライナが攻撃される理由はマイナスの武器削減運
 ウクライナが攻撃される理由は、マイナスの武器削減運です。
新型コロナウイルス感染症の原因となるマイナスの武器削減運
 マイナスの武器削減運は新型コロナウイルス感染症の原因となります。
新型コロナウイルス感染拡大と武器削減運の推移
 新型コロナウイルス感染拡大により武器削減運のマイナスが縮小しています。
自国民の命を奪う他国攻撃可能な軍事力
 他国攻撃可能な軍事力により命を奪われた自国民の人数を公開。
 アメリカ人90万人以上がアメリカの軍事力の犠牲になりました。
日本人3万人以上の命を奪った安全保障関連法
 安全保障関連法により3万人以上の日本人の命が失われました。
第2次世界大戦における日本の武器削減運
 第2次世界大戦における日本人の犠牲者300万人超は、マイナスの武器削減運消去過程で生じました。
日本の武器削減運(マイナス分)消去
 輝の会は日本の武器削減運(マイナス分)を消去しました。
自由は時間の指数関数
 自由は時間の指数関数です。
マイナスの武器削減運の絶対値は指数関数として増加
 マイナスの武器削減運の絶対値は指数関数として増加します。
業念は時間の指数関数として増加
 業念は時間の指数関数として増加します。
命と不調和想念の関係
 命と不調和想念の関係を説明。
マイナスの武器削減運を回避する方法
 マイナスの武器削減運が記録されない方法の解説。
軍事力全廃が天意
 軍事力全廃が天意である理由の説明。
他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少
 他国攻撃可能な軍事力を肯定する人の結婚運・子孫運は減少します。
「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止
 「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止効果の説明。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.