台 風 消 去
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 台風消去
台風24号(2013年最大の台風)を完全消去した輝の会

 台風24号は最低気圧が935hPaとなり、2013年に日本に接近した台風としては最大の規模となりました。
 しかし、その割には被害の報告等をあまり聞かない状態です。
 それは、輝の会が台風のエネルギーの大部分を消去したためです。

日 付 時刻 台風の
全エネルギー
億(人・年
台風消去量
億(人・年
台風が放射した
破壊エネルギー
億(人・年
備 考
10月4日 15時        台風24号発生
10月6日 9時 1628 -     
12時 1625 0 3  
15時 1617 6 2  
18時 1603 12 2  
21時 1588 12 3  
10月7日 0時 1573 12 3  
3時 1558 12 3  
6時 1542 12 4  
9時 1527 12 3  
12時 1511 12 4  
15時 1429 16 3  
18時 1397 84 11  
21時 1290 84 23  
10月8日 0時 1183 84 23  
3時 1068 84 31  
6時 948 84 36  
9時 829 84 35  
12時 711 84 34  
15時 584 84 43  
18時 455 84 45  
21時 328 84 43  
10月9日 0時 183 84 61  
3時 36 84 63  
4時 0 26 10  
9時 - -  - 温帯低気圧へ
  合計 1140 488  
 上表に、台風の全エネルギー(台風のエネルギー源である業念(不調和想念)の量)、台風消去量(台風の原因である業念の消去量(3時間分))、台風が放射した破壊エネルギー(台風のエネルギー源として使われた業念の量)の3項目を記載しました。
 (時間をクリックすると、台風の写真に移動します。)

 台風23号と台風24号が同時に発生していたため、台風24号の消去は10月6日の12時40分から開始しました。
 表ではその3時間程前の10月6日9時以降について記載しています。
 10月6日の12時40分(台風消去開始直前)における台風のエネルギー(原因となる業念の量)は1620億(人・年)でした。
 2013年に日本に接近した台風のエネルギー規模としては、台風18号に次いで2番目の大きさとなります。

 台風消去の当初、1時間あたり1〜2億(人・年)のペースで業念を消去しました。
 しかし、台風のエネルギーが非常に強く、危険性を感じたため、消去のペースを上げました。
 10月7日14時30分から1時間につき28億(人・年)消去に変更したのです。
 3時間で84億(人・年)を消去することになります。これが表中の84の意味なのです。
 台風消去(台風の原因となる業念の消去)を行うと、台風からこの業念分の破壊エネルギーは放射されなくなります。 その分、台風は穏やかになります。
 台風消去以外の理由で減少した業念が、台風から放射された破壊エネルギーのエネルギー源です。 「台風が放射した破壊エネルギー」がこれに該当します。

 1時間につき28億(人・年)のペースで台風消去を行うと、10月9日午前中には台風を完全消去できると考えました。
 この頃には、台風の原因となる業念が0になるためです。

 表でお分かり頂ける通り、この計算通りに台風のエネルギーは減少を続け、9日午前4時には台風の原因となる業念は0になりました。
 この時には台風の形は完全に無くなっています。
 この時点で、台風の完全消去に成功したのです。
 (予定通りに台風が無くなりました)

 尚、温帯低気圧になったのは午前9時です(気象庁)。
 午前4時迄に台風の原因となる業念は消えたのですが、蓄積された物理的エネルギー(低気圧等)が放射されるまでに時間がかかりました。
 これが、業念が0になった時間と温帯低気圧になった時間の差なのです。

 10月6日の午前9時時点の台風の全エネルギー1628億(人・年)のうち、1140億(人・年)を輝の会が消去しました。
 これは台風の全エネルギーの約70%に相当します。
 その結果、台風から放射される破壊エネルギーを、当初台風が持っていたエネルギーの30%に抑えることに成功したのです。
 これが、被害がほとんど報告されなかった最大の理由なのです。

 台風エネルギーの7割を輝の会が消去し、実際に放射された台風のエネルギーが3割だったということは、輝の会の台風消去速度が台風自体の破壊エネルギー放射速度を上回っていたことを意味します。
 輝の会の台風消去速度(徳の提供速度)が台風のエネルギー放射速度を上回っていたのです。
 これは、台風よりも輝の会(本尊:輝の神)の力(徳を提供する力)が強いことを意味します。
 2013年の最大規模の台風よりも、輝の神の力の方が上回っているということです。

 この徳提供力が、台風を自在に消去できる本質的な理由です。
 (台風消去で輝の神が使った力は、一部の力にすぎません。
  他にも様々な役割があるためです)

 台風24号が沖縄県に接近した際は、目がはっきりしている極めてエネルギーの強い台風でした。
 この台風が上陸無しでに急激にエネルギーを失ったのは、輝の会が台風消去を行ったためなのです。
 台風消去の重要性をぜひご理解頂きたいと思います。

 台風消去のお申込をお待ちしております。

台風の写真
10月6日9時
10月6日12時
10月6日15時
10月6日18時
10月6日21時
10月7日0時
10月7日3時
10月7日9時
10月7日12時
10月7日15時
10月7日18時
10月7日21時
10月8日0時
10月8日3時
10月8日6時
10月8日9時
10月8日12時
10月8日15時
10月8日18時
10月8日21時
10月9日0時
10月9日3時
10月9日4時
10月9日9時
(2013.10.13 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

台風消去理論・実例
台風消去理論
 台風消去理論に関する解説。台風消去実績は150回を超えています。
台風3号の完全消去に成功
 台風3号の完全消去に成功しました。
台風3号4号の連続完全消去に成功
 台風3号4号を連続して完全消去することに成功しました。
台風24号(2013年最大の台風)を完全消去した輝の会
 輝の会は台風24号(2013年最大の台風)を完全消去することに成功しました。
2014年最強台風の被害を最小限に抑えた輝の会
 台風19号(2014年最強台風)の被害が台風の規模に比べて小規模だった理由は、輝の会が台風消去を実施し、台風のエネルギーを大幅に減少させたことです。
神霊の徳提供能力と台風消去
 台風を完全消去できるだけの徳を提供できる宗教は、
 輝の会(本尊:輝の神)だけです。
台風エネルギーを把握する方法
 オーラを見る方法を使って台風エネルギーを把握します。
海水温度差は台風勢力衰退理由ではない
 日本に近づく台風の勢力が急速に衰えるのは、輝の会が台風消去を行うためです。
 日本近海の水温が低いためではありません。
天候の調和を実現する方法
 天候の調和を実現する方法に関する説明。水不足解消も可能です。
 積徳量の多い人ほど大きな成功(開運)が可能です。
輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教
 輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教です。
台風消去による序列運の増加
 台風消去により序列運が増加します。
災害消去
 台風消去と同時に災害消去も実施しています。
台風消去による中心気圧上昇
 台風消去により台風5号の中心気圧が上昇しました。
消去実施台風一覧表(2013-2016)
 台風消去を実施した台風の一覧表。コメントも記載しています。
消去実施台風一覧表(2017-2018)
 台風消去を実施した台風と、蓄積された序列運の一覧表。

台風消去サービスお申込方法
台風消去サービス - お申込受付開始について
 台風消去のお申込受付を開始しました。これを台風消去サービスと呼びます。
台風消去サービス − 台風消去方法
 台風消去サービスにおける台風消去方法の説明です。
台風消去サービス − お申込方法
 台風消去サービスのお申込方法に関する説明です。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.