台 風 消 去
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 台風消去

台風10号消去(2019)

 台風10号は8月6日午後3時に発生しました。
 この発表を受け、滝沢(輝の会会長)は台風10号の台風消去を8月7日18時30分頃に開始しました。

 台風消去では、台風の原因である業想念を消去します。
 この業想念は、人類が放つ不調和な想念エネルギーです。
 台風の原因は人類の業想念なのです。

 この時の台風消去による業想念消去速度は、950hPaの台風による業想念消去速度をわずかに上回る程度です。(業想念消去速度は感覚的に把握しています)

 徳のエネルギー(磁気単極子エネルギー(単S極))で台風のエネルギー源である業想念(磁気単極子エネルギー(単N極))を消去すると、台風のエネルギーが弱くなります。
 これが台風消去の原理です。

 
(7日18時)
 8月7日の写真では、台風の形はしっかりしています。
 
(9日18時)

 8月9日の写真では、台風の目が広がり始めています。
 これは台風の勢力が弱くなり始めたことを意味します。

 
(11日18時)

 8月11日の写真では、台風の中心が広がり、台風の形も崩壊しています。
 台風消去の結果、台風の中心部から形が崩壊しているのです。

 台風消去を行うと、台風の勢力が弱くなります。
 まず中心部が広がり、雲の無い状態になります。
 そして、雲が広範囲に広がり始めます。
 これが台風消去の特徴です。

 
(13日18時)

 8月13日になり、台風消去の速度を上げました。
 しかし、8月13日の写真では、11日の写真と比べても、形があまり崩れていません。
 その理由は業想念の強化です。

 台風の目的は人の業想念の消去です。
 ですから、台風は業想念の蓄積量の多い方へ移動する傾向があります。

 九州・四国・中国方面に業想念が大量に蓄積されていたため、台風10号は西日本方面に移動しました。
 西日本に近づくにつれ、台風のエネルギー源となる業想念が増えたため、台風10号が強化されました。
 ですから、台風消去の速度を上げても、台風の形が崩れなかったのです。

 
(14日18時)

 8月14日になり、更に台風消去の速度を上げました。
 その結果、14日の写真では台風中心部の雲が見えない状態は続き、台風北側の雲は薄くなりました。(台風消去を日本側から行っている影響と思われます)

 しかし、南側や西側の雲は少し厚くなっています。
 その理由は、西日本に蓄積されている業想念の量が多かったことです。

 一般に、台風が消去する業想念の量が多くなればなるほど、台風は強くなります。
 逆に台風が消去する業想念の量が減ると、台風は弱くなります。
 滝沢が消去する業想念が増えると、台風が消去する業想念が減るため、台風は弱くなります。
 台風が消去する業想念を減らすために、台風消去を行います。
 ですから、台風消去を行うと、滝沢と台風による業想念の消去競争のような状態になります。

 台風消去を行わずに台風が業想念の強い位置に移動すると、台風が消去する業想念が多くなるため、台風は強くなります。中心気圧は下がります。

 10日に気象庁が発表した台風10号の予報では、14日15時の位置は四国より少し南、中心気圧は940hPaでした。
 しかし、実際に台風10号がこの位置を通過した時の中心気圧は965hPaでした。
 予報よりも25hPa気圧が高かったことになります。
 これは台風の勢力が予報よりもはるかに弱かったことを意味します。
 台風消去の効果で、台風が予報程強くならなかったのです。

 
(15日12時)

 台風10号は15日午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸しました。
 台風上陸後も台風消去を継続します。
 消去している分だけ、台風の勢いが弱くなるためです。

 ツイッターに「台風どこいった」という投稿が多数行われていました。
 これは、台風の影響が小さかったことを意味します。

 15日12時(広島への上陸直前)の写真では、台風の中心付近の四国、中国、九州の土地が見えています。
 これは台風消去の影響で中心部分の雲を消去した影響で、台風の雲が少なくなっていたことを意味します。
 そして、被害規模を縮小させることにも成功しました。

 台風10号の台風消去の結果、滝沢には776京(人・年)の序列運が蓄積されました。

 序列運は人を助けると、その分だけ蓄積される徳です。
 滝沢は台風消去により大勢の人を助けたと天に記録されています。
 これが序列運が増加した理由です。

 輝の会会員は業想念の消去を行います。
 この業想念消去には、台風被害を防止する効果もあります。
 輝の会は、災害を防止する働きを続けているのです。

*写真は気象庁ホームページ「気象衛星」(www.jma.go.jp/jp/gms/)参照。

輝の会入会案内
台風消去お申込

(2019.8.17 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

台風消去理論・実例
台風消去理論
 台風消去理論に関する解説。台風消去実績は150回を超えています。
台風3号の完全消去に成功
 台風3号の完全消去に成功しました。
台風3号4号の連続完全消去に成功
 台風3号4号を連続して完全消去することに成功しました。
台風24号(2013年最大の台風)を完全消去した輝の会
 輝の会は台風24号(2013年最大の台風)を完全消去することに成功しました。
2014年最強台風の被害を最小限に抑えた輝の会
 台風19号(2014年最強台風)の被害が台風の規模に比べて小規模だった理由は、輝の会が台風消去を実施し、台風のエネルギーを大幅に減少させたことです。
神霊の徳提供能力と台風消去
 台風を完全消去できるだけの徳を提供できる宗教は、
 輝の会(本尊:輝の神)だけです。
台風エネルギーを把握する方法
 オーラを見る方法を使って台風エネルギーを把握します。
海水温度差は台風勢力衰退理由ではない
 日本に近づく台風の勢力が急速に衰えるのは、輝の会が台風消去を行うためです。
 日本近海の水温が低いためではありません。
天候の調和を実現する方法
 天候の調和を実現する方法に関する説明。水不足解消も可能です。
 積徳量の多い人ほど大きな成功(開運)が可能です。
輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教
 輝の会は台風の完全消去が可能な唯一の宗教です。
台風消去による序列運の増加
 台風消去により序列運が増加します。
災害消去
 台風消去と同時に災害消去も実施しています。
台風消去による中心気圧上昇
 台風消去により台風5号の中心気圧が上昇しました。
台風10号消去(2019)
 台風10号消去(2019)に関する解説。
台風15号の被害を縮小した輝の会
 輝の会は台風15号の被害を大幅に縮小しました。
消去実施台風一覧表(2013-2016)
 台風消去を実施した台風の一覧表。コメントも記載しています。
消去実施台風一覧表(2017-2018)
 台風消去を実施した台風と、蓄積された序列運の一覧表。

気象コントロールの実例
九州の大雨停止
 輝の会は徳の提供により九州の大雨を停止しました。
北九州の大雨停止
 輝の会は北九州の大雨を停止しました。

台風消去サービスお申込方法
台風消去サービス - お申込受付開始について
 台風消去のお申込受付を開始しました。これを台風消去サービスと呼びます。
台風消去サービス − 台風消去方法
 台風消去サービスにおける台風消去方法の説明です。
台風消去サービス − お申込方法
 台風消去サービスのお申込方法に関する説明です。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.