結 婚 運 ・ 子 孫 運
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 結婚運・子孫運

同性婚による人口減少理論

 同性婚が法制化された場合、同性婚がどの程度行われるかを検討します。

 未婚男性100万人、未婚女性100万人(合計200万人)が結婚すると考えます。
 ある男性の結婚相手となりうる人は、女性が100万人、男性が999999人です。男女でほぼ同数です。
 ですから、この200万人で2人のペアを作る組み合わせは、同性のペア・男女のペアでほぼ同数です。
 これは、同性婚と男女の結婚が行われる確率が同等であることを意味します。(機械的に結婚相手を選ぶ場合)

 同性婚が禁止されている日本で生きる人は、結婚の半数が同性婚になることを想像できないかもしれません。
 しかし、幼少期から「結婚には男女の結婚、同性婚があり、どちらも選べる。」という環境で育つ人は、同性婚を普通の結婚と認識します。
 ですから、同性婚を選ぶ人が大幅に増加すると考えられます。

 同性婚をする人には子供が生まれません。
 ですから、上記の200万人のうち同性婚をする半数の人は、子孫を残さずに他界することになります。
 その結果、上記の200万人が他界した後の人口は、男女の結婚をした100万人(50万組の男女夫婦)が残す子孫だけです。
 1組の男女夫婦が生み育てる子供の数を2人とすると、最初の200万人が他界した後に残る子供の人数は100万人です。
 200万人が一代で100万人に減少します。

 このように、半数が同性婚をすると想定すると、子供の人数は一代で半数に減少します。
 これが繰り返されると、人口は急激に減少します。

 同性婚は性的少数者の権利と言われていますが、これは人口減少問題から目をそらすための詭弁です。

 確率的に考えれば、半数は同性婚を選択することになります。

 もちろん、同性婚が多数派になる可能性も十分にあります。

 同性婚は人口急減の可能性が高い、極めて危険な制度です。
 天意では犯罪です。

 ご理解頂きたいと思います。

マイナスの子孫運と生まれ変わり
同性婚と生まれ変わり
同性婚で滅亡した霊団
同性婚は実在しない
美と勇気
男女の違い

子孫運お申込方法

(2023.9.20 午後9時 記載)
前のページへ     次のページへ

結婚運・子孫運お申込方法
結婚運・子孫運お申込方法
 結婚運・子孫運お申込方法の説明。

結婚運・子孫運 目次
結婚運・子孫運の発見
 輝の会は結婚運、子孫運を発見しました。
結婚運・子孫運別人数分布
 結婚運・子孫運別人数分布を世界と日本に分けて公開しました。
結婚運増加のメリット
 結婚運増加のメリットを解説。
結婚運マイナスのデメリット
 マイナス結婚運のデメリットを解説。結婚が遅れる傾向があります。
結婚運マイナスの行動:離婚
 離婚を切り出すと、マイナスの結婚運が記録されます。
結婚運マイナスの行動:不倫
 不倫をすると、マイナスの結婚運が記録されます。
結婚運マイナスの行動:自殺・殺人
 自殺や殺人でマイナスの結婚運が記録される場合があります。
子孫運と子供の人数
 子孫運は子孫の増減を意味します。
子孫運と初婚年齢
 子孫運がプラスになると、初婚年齢が低下します。
子孫運マイナスの行動:中絶
 中絶をすると、マイナスの子孫運が記録されます。
子孫運マイナスの行動:不倫
 不倫により離婚をすると、マイナスの子孫運が記録されます。
同性婚・性転換と子孫運
 同性婚や性転換を希望する人々の大部分は、子孫運がマイナスです。
マイナスの子孫運と生まれ変わり
 子孫運がマイナスの人は、生まれ変わりの機会を失います。
マイナスの子孫運による能力低下
 子孫運がマイナスの人は、能力が低下します。
同性婚と生まれ変わり
 同性婚で滅亡した霊団が多数存在します。
同性婚で滅亡した霊団
 同性婚で滅亡した霊団が多数存在します。
同性婚による人口減少理論
 同性婚による人口減少の理論的説明。
同性婚は憲法違反
 同性婚は憲法違反です。
同性婚の制度化による結婚運・子孫運減少
 同性婚の制度化の責任者は、結婚運・子孫運が減少します。
大家族と子孫運
 大家族は子孫運に恵まれています。
少子化の原因は国の借金
 国の莫大な借金が(子孫運以外の)少子化の原因です。
他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少
 他国攻撃可能な軍事力を肯定する人の結婚運・子孫運は減少します。
「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止
 「他国攻撃可能な軍事力肯定による結婚運・子孫運減少」による戦争抑止効果の説明。
いじめ・不当な攻撃の連鎖による結婚運・子孫運減少
 いじめ・不当な攻撃の連鎖による結婚運・子孫運が減少することがあります。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.