結 婚 運 ・ 子 孫 運
輝の会は新型コロナウイルス問題を解決しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 結婚運・子孫運

結婚運増加のメリット

 結婚運が0以下の人には、結婚運担当創造神は働きかけません。
 よって、本人や周囲の人の努力無しで結婚相手が現れることは稀です。
 一生独身が続く可能性もあります。

 結婚をする前に、男女が夫婦になる契りを交わす必要があります。
 契りを交わすためには、結婚に相応しい相手を見つける必要があります。

 ある人に対して、結婚に相応しいと判断できる人の割合は平均で1576人に1人程です。
 これは、ある人が結婚したいと思う相手の割合です。 
 結婚相談所等では、この1人を探すために、互いの条件等をヒアリングして、マッチングを行います。
 条件を合わせた方が、結婚が成立する可能性が高いためです。

 この1576分の1の相手を探すためには、かなり時間がかかります。
 日本人の平均で7.6年程です。
 これは真剣に結婚相手を探す人が、相手を見つけるまでにかかる平均年数です。

 一方、結婚運がプラスの人が結婚運1を消費する場合に、相応しい相手を見つけるまでの時間は、平均で1.3年です。
 これは、結婚運担当創造神による導きの結果です。
 この1.3年は、結婚運を消費しない場合の7.6年と比較して、6.3年短くなります。
 これは、結婚をしたいと思う人が、結婚運が無い場合と比べてはるかに短期間で相応しい相手に出会えることを意味します。

 また、結婚運は子孫全体に影響を与えます。
 結婚運が大きなプラスの場合、大勢の子孫がこのプラスの結婚運を使うことにより、容易に結婚できることになります。

 このように、本人や子孫の結婚が極めて容易になることが、結婚運を増やすメリットです。

 また、結婚運がマイナスの人の場合、結婚運を増やすことにより結婚運のマイナスを減らすことができます。
 (本人分のみ。先祖のマイナスの結婚運は変わりません。)
 これは、結婚運マイナスの悪影響を消去することが可能であることを意味します。

 結婚運を増やすメリットをご理解頂きたいと思います。

 輝の会は希望者に結婚運を提供しています。

結婚運お申込方法

(2020.6.20 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

結婚運・子孫運お申込方法
結婚運・子孫運お申込方法
 結婚運・子孫運お申込方法の説明。

結婚運・子孫運 目次
結婚運・子孫運の発見
 輝の会は結婚運、子孫運を発見しました。
結婚運・子孫運別人数分布
 結婚運・子孫運別人数分布を世界と日本に分けて公開しました。
結婚運増加のメリット
 結婚運増加のメリットを解説。
結婚運マイナスのデメリット
 マイナス結婚運のデメリットを解説。結婚が遅れる傾向があります。
結婚運マイナスの行動:離婚
 離婚を切り出すと、マイナスの結婚運が記録されます。
結婚運マイナスの行動:不倫
 不倫をすると、マイナスの結婚運が記録されます。
結婚運マイナスの行動:自殺・殺人
 自殺や殺人でマイナスの結婚運が記録される場合があります。
子孫運と子供の人数
 子孫運は子孫の増減を意味します。
子孫運と初婚年齢
 子孫運がプラスになると、初婚年齢が低下します。
子孫運マイナスの行動:中絶
 中絶をすると、マイナスの子孫運が記録されます。
子孫運マイナスの行動:不倫
 不倫により離婚をすると、マイナスの子孫運が記録されます。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.