肉食(哺乳類)によるがんの発生
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
肉食(哺乳類)によるがんの発生

 人と哺乳類の体の組織はフラクタルで繋がっているのではないでしょうか。
 この場合、哺乳類を食べることは自分の体を食べることになります。
 これが、がんの原因と考えられます。

 時間の長さは認識処理の方法により変化します。今行ったことが将来の自身を構成しているのです。 よって、哺乳類を食べた影響は将来の自身を構成することになります。

 遺伝子はDNAにあります(DNAの一部が遺伝子)。DNAは二重らせんで構成されています。
 宇宙は多重らせん構造で構成されています。(宇宙は多重らせん構造 ご参照)
 多重らせん構造とDNAのらせん形には関連があると考えられます。

 DNAは全ての細胞に存在します。その理由は、フラクタルで肉体が構成されているためです。
 フラクタル は部分と全体が同形の構造です。フラクタルにより、人の構造に関する全情報が肉体の構成要素(部分)である全細胞に含まれているのです。

 遺伝子は行動パターンの記録と考えられます。行動形態を変化させると、遺伝子は変化すると考えられます。
 また、全ての存在は意識による認識処理の結果です。意識を変えれば、状態は変わります。
 遺伝子も私達の意識で構成されています。この意識を変化させれば、肉体の構成を変えることができるのです。
 (意識コントロールや行動パターンの変化で形状は変化します。 
  時間・空間の連続相互作用による宇宙の創造 ご参照)

 がんは遺伝子情報の異常により発生します。意識のあり方や行動パターンに問題があるため、遺伝子情報が異常になるのです。
 意識のあり方や行動パターンを正常にすれば、遺伝子情報が正常になる為、遺伝子を原因とする病気は消滅します。 遺伝子の問題は意識のあり方や行動パターンを変えれば解消するのです。

 人と哺乳類の遺伝子情報はつながっていると考えられます。人の遺伝子情報の中に、他の哺乳類とつながる情報((哺乳類の遺伝子情報)と本文では記載します)があるのではないでしょうか。
 哺乳類を食べると、遺伝子にこの情報が記録されると考えられます。
 哺乳類を食べた人の遺伝子(哺乳類の遺伝子情報)に食べられた動物(哺乳類)の「食べられる」という情報が記録されるのです。
 「食べられる」と記録された遺伝子がその情報を実現する時、即ち細胞が「食べられる(破壊される)」時、がんという症状になると考えられるのです。
 この場合、哺乳類を食べることを止めれば、その分がんの原因は減少します。当然がん患者数は減少することになります。

 人の意識のあり方や行動パターンは様々です。そして、これらの情報が遺伝子に記録されます。肉食(哺乳類)以外の行動が、この影響を除去する場合もある為、肉食(哺乳類)をしたら必ずがんになるとは限りません。

 積徳には、肉食(哺乳類)の影響を除去するはたらきがあります。
 積徳は、自分以外の人などに施しをする行為です。これは他者を生かすはたらきなので、自身の遺伝子に「生かされる」」と記録されることになります。
 肉食(哺乳類)による遺伝子への悪影響を、積徳の遺伝子へのプラスの影響で除去できるのです。

 輝の会では積徳による開運を受け付けています。
 この開運をお申込み頂くと、徳光をお分けします。この徳光には開運対象者を生かすはたらきがあります。開運対象者の遺伝子に「生かされる」 と記録されることになるのです。

 開運には人を長寿にするはたらきがあります。お申込みをお待ちしています。
 開運のご案内

(2011.9.28 午後8時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.