遺伝子コントロール
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
遺伝子コントロール

 遺伝子は一生涯不変なのでしょうか。
 人の行動パターン(意識のあり方を含む)が遺伝子に記録される場合、遺伝子は除々に変わるのではないでしょうか。
 もし変わるならば、本人確認に遺伝子を使うことには問題があることになります。
 昔の遺伝子と現在の遺伝子が異なるならば、本人確認に遺伝子は使えないことになります。

 人の行動が動物の遺伝子(人と共通の遺伝子)に記録され、動物の行動パターンに影響を与えていると考えられます。 肉食は、元々動物には無い行動形態かもしれないのです。

 人の行動パターンやが動物に影響を与えるということは、人の行動パターンが他者に影響を与えることを意味します。
 人類全体の行動パターンが、それを行わない個人にも影響を与えるのです。
 人が他者の行動の誤りを修正しなければならない理由の1つはここにあります。
 誤った行動は、他者に影響を与えるのです。ですから、これを正すことは、自身を含めた人類全体の行動を正すはたらきなのです。

 遺伝子は行動パターンの記録と考えられるため、これを操作することは行動パターンの操作を意味することになります。 遺伝子操作は単に動植物の形状や性質の変化を意味するわけではありません。ですから、取扱には注意が必要です。

 ここまでの説明で、遺伝子に起因する病気は全て治癒可能であることが分かります。行動パターンを変えれば遺伝子は変わります。遺伝子が正常になれば病気は消えるのです。

(2011.9.29 午後8時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.