輝の会活動実績
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 輝の会活動実績
北朝鮮のミサイル発射を阻止した輝の会

 2013年4月上旬以降、北朝鮮は日本やアメリカ、韓国等に対し、
 「ミサイルを発射する」「核を使用する」
 などの威嚇を繰り返しました。
 しかし、結局ミサイルは発射されませんでした。
 何故、ミサイルは発射されなかったのでしょうか。

 このような軍事的な威嚇や攻撃は、人の意識が業念(実在しない想念)と一致した時に行われます。
 軍事力は実在しません。(天界以上の世界に存在しないということです)
 私たちの世界は、天界以上の世界で原型が構成されています。
 未来が上位の霊界で造られるのです。
 これが時間の経過により、私たちの世界の「今」の状態になります。
 天で造られた原型の中には、軍隊は存在しません。
 ですから、軍事力を使う想念も存在しないのです。
 人は行動する際に想念を使います。
 軍事力は実在しないため、これを使うためには天による原型以外の想念である業念(実在しない想念。不調和な想念、我念)を使う必要があります。

 北朝鮮は、この業念により、「ミサイルを発射する」等の威嚇を繰り返していたのです。

 地球には多くの人が存在します。
 他界した人を含めると、30兆人以上の人が存在します。
 その内、2兆人以上の人が救済されていません。(業念が消えていない状態です)
 これらの方々は、莫大な業念を放射しています。

 これらの業念や北朝鮮の人々が自ら発する業念により、北朝鮮は軍事的な威嚇を繰り返していたのです。
 (北朝鮮の人々が発する業念は、他界した人々の業念と比較するとごく僅かです)

 以上の説明で、業念を消去することができれば、「ミサイル発射」を行うことができないことが分かります。

 輝の神(輝の会本尊)は4月9日以降、北朝鮮にミサイルを発射させようとする業念の消去を開始しました。
 (4月10日が最もミサイル発射の可能性が高いと予想されていたので、その前日から開始しました)

 ミサイルを発射させようとする業念を消去する目的で、4月9日〜4月30日の間だけで8.7億(人・年)の徳を消費しました。(注)

 このようにして業念を消去すると、北朝鮮はミサイルを発射できなくなります。
 今回のミサイル発射予告は業念の影響で行われました。
 ですから、業念がないと、ミサイルを発射することは不可能なのです。

 尚、5月中旬以降、北朝鮮は短距離ミサイルを日本海に向けて発射しました。
 これは飯島内閣官房参与の北朝鮮訪問後、即ち日本と北朝鮮の対立が緩和した後に行われた単なる軍事演習なので、4月上旬以降の「ミサイル発射威嚇」とは性質が全く異なります。

 以上の説明でご理解いただける通り、真の平和を実現する方法は、業念を完全に消去することなのです。
 業念を完全に消去するためには、霊位を天界以上に高める必要があります。
 天界は完全調和の世界なので、自分自身の霊位を天界に到達させることにより、天界のオーラを放射すると、業念を消去することができます。

 同様の原理により、全人類の霊位が天界に到達すると、業念の一切ない完全調和社会が実現することが分かります。

 尚、他国の軍事力を自国の軍事力で抑えようとすると、軍事的圧力を他国に与えることになります。
 これは、他国にマイナスの影響を与えるので、自国の失徳要因となります。

 この状況を継続すると、国民全体の霊位が大幅に低下します。
 すると、国民が業念を消去する能力は低下します。
 その結果、他界した人々の業念の消去量が減少します。
 この業念の影響をまともに受けるようになるのです。

 韓国の李明博前大統領の竹島上陸や中国国内の反日デモ、尖閣諸島領有権をめぐる日中対立激化等は、 日本人の霊位積徳量が大幅にマイナスになった時に起こりました。
 (霊位・積徳量速報2012年9月30日分 霊位・積徳量速報 ご参照)

 このように、国民が徳を失い、霊位が低下すると、人類の業念の影響をまともに受けるため、社会は混乱します。

 結局、軍事力で軍事力を制する方法は、社会の混乱につながるだけで、平和実現にはつながりません。

 北朝鮮が軍事力で他国を威嚇するケースが多いのは、北朝鮮国民の霊位積徳量が大幅なマイナスになっているためです。
 そのため、人類全体の業念の影響を極めて受けやすくなっています。
 ですから、軍事的な威嚇を頻繁に行うのです。
 また、他国に比べて徳が少ないので、国の発展が極端に遅れています。
 北朝鮮も徳を積み、霊位積徳量をプラスにすれば、他国のように発展することができます。
 これが北朝鮮の進むべき道なのです。

 真の平和を実現する方法は、想念の完全調和を実現することです。
 そのためには、全人類の霊位を天界に到達させる必要があります。
 これが実現する時、人類の完全調和が実現します。
 軍隊や戦争のない世界が現実のものとなるのです。

 (注)業念消去で使う徳の実態は、磁気単極子エネルギー単S極エネルギー)です。
    業念は、磁気単極子エネルギー(単N極エネルギー)になります。
    共に物理学では未発見です。
    単N極エネルギーは単S極エネルギーで消去可能です。
    この原理で、業念を徳で消去できるのです。

(2013.5.26 午後4時 記載)
前のページへ     次のページへ

輝の会活動実績 目次
徳(磁界エネルギー)生成理論確立
 輝の会は徳(磁界エネルギー)生成理論を構築した結果、従来の宗教よりもはるかに効果的な活動を行うことに成功しています。
人類救済の基本原理の発見
 輝の会は史上初めて人類救済の基本原理を提唱しました。
 この原理を使うことにより、人類全体の霊位は急上昇しています。
霊位上昇速度を最大にする方法の発見
 霊位上昇速度を最大にする方法を発見し公開したことにより、人類は急激な霊位向上を開始しました。
圧倒的な霊位上昇速度を実現
 輝の会以前の宗教における霊位上昇速度を徒歩に例えると、輝の会の霊位上昇速度は新幹線やジェット機以上となります。
輝の会による人類の霊位上昇実績
 輝の会による人類の霊位上昇実績の紹介。
 1900億人以上の方を天界(守護神霊の世界)に導きました。
日本人気は輝の会のはたらき
 輝の会は世界中の人々に徳を送っています。
 これが輝の会だけではなく日本全体の好感度アップにつながっています。
40代男性人気は輝の会による徳提供の功徳
 輝の会による徳提供の結果として、40代男性は女性に人気があるのです。
オーラ理解能力を提供した輝の会
 オーラを理解する能力が一般化したのは、輝の会の働きで人類全体の霊位が大幅に向上したためです。
人類の若返りを実現
 輝の会では徳を提供することにより人類の若返りを実現し、活発な社会を支えています。
本尊が創造神界に到達した唯一の宗教
 輝の会は本尊が創造神界に到達した史上初の宗教です。
創造神は宇宙神
 創造神は他宗教では別名で呼ばれています。
輝の会守護神(人類全体の守護神霊団)の誕生
 輝の会の導きで天界(守護神霊の世界)に到達した方々は、輝の会守護神として働かれています。(輝の会守護神は1900億人を超えています)。
良縁成就・出生率上昇
 輝の会は良縁成就や出生率上昇に貢献しています。
DAIGOさん、北川景子さんを結婚に導いた良縁成就
 輝の会の良縁成就がDAIGOさん、北川景子さんを結婚に導きました。
生命エネルギーの発見による長寿の実現
 生命エネルギーの発見により長寿化を実現しました。
天皇陛下を救済した長寿サービス
 心臓バイパス手術後、天皇陛下は胸水がたまり、ご公務完全復帰が遅れました。
 この状況から天皇陛下を救済したのが長寿サービスです。
才能の提供
 輝の神(輝の会本尊)は宗教の本尊として初めて創造神になりました。
 その結果、輝の会は宗教として初めて才能を人に提供することが可能になりました。
浅田真央さんのトリプルアクセル復活
 浅田真央さんがフィギュアスケート四大陸選手権でトリプルアクセルを成功したのは、才能強化を行ったためです。
香川真司さんのハットトリック
 香川真司選手がプレミアリーグでハットトリックを達成できたのは、才能強化を行ったためです。
ザックジャパンの「個」の力の強調
 ザックジャパンが「個」の力を強調したのは、才能強化の結果です。
がんなどの病気治療
 がんや統合失調症、認知症、アトピー性皮膚炎、風疹等で治療実績があります。
 がんの治療実績は医学の実績を超えました。無料サービス実施中。
肉食(哺乳類)の危険性を世界に伝えることに成功
 肉食(哺乳類)の危険性を最初に指摘したのは輝の会です。この指摘が、世界保健機関(WHO)の「哺乳類の肉に発がん性がある」との発表につながりました。
風疹消去に成功
 風疹の大流行を終焉させたのは輝の会です。
エボラ出血熱消去に成功
 エボラ出血熱の大流行を終焉させたのは輝の会です。
IT戦略を提唱した輝の会
 IT戦略を提唱したのは輝の会です。
不良債権問題を解決した最先端金融経済理論の構築
 日本が10年以上解消できずに苦しんだ銀行の不良債権問題を解決したのは、輝の会教義の金融経済理論です。
リーマンショックによる金融経済問題を解決した輝の会
 日本の不良債権問題が解決したのは、教義「マイナス金利の導入」で高すぎた金利水準が原因であることを解明したためです。これがリーマンショック対策にも使われました。
天が認める不良債権解消・景気回復実績
 輝の会の不良債権解消・景気回復実績は天が認めています。
竹中平蔵元金融・経財相に低金利・高名目経済成長率政策の必要性を教授
 竹中平蔵元金融・経財相に低金利・高名目経済成長率政策の必要性を教えたのは輝の会です。その経緯を説明します。
大手新聞各社に低金利政策の必要性を解説し、低金利政策を推進
 2005年春の景気回復時、毎日新聞の社説を金利引上から低金利維持に変更させたのが、「マイナス金利の導入」です。
白川前日銀総裁の低金利政策は輝の会のアドバイス
 輝の会は白川前日銀総裁に「マイナス金利の導入」を送付しました。
 その結果、白川前日銀総裁は低金利政策の重要性を理解しました。
アベノミクスの骨子は「マイナス金利の導入」のコピー
 アベノミクスの骨子である「低金利高経済成長政策は、「マイナス金利の導入」で提言した政策のコピーです。
莫大な積徳を実現した「マイナス金利の導入」
 「マイナス金利の導入」により、著者には莫大な徳が蓄積されていますが、アベノミクス関係者に徳は蓄積されていません。
株などの証券は貨幣価値の多重計上であり現在価値は存在しないことを証明
 株は貨幣価値の多重計上です。その価値の源泉は、現在誰かが保有している貨幣です。ですから、現在価値はありません。これを解明したのは輝の会です。
最も豊かな経済状態は全ての人の所有金額が0の状態であることを証明
 輝の会は、教義「フラクタル経済理論」において、最も豊かな経済状態は全ての人の所有金額が0の状態であることを理論的に証明しました。
失業率の大幅な低下を実現
 失業率がピークに達し、日本経済が危機的状況に陥った時、その解決策を明示し、失業率低下を実現したのは、輝の会教義です。
最先端の金融・経済理論は無償奉仕の成果
 輝の会教義の金融・経済理論は最先端の研究成果であり、莫大な価値を社会に提供しています。しかし、全て無償奉仕活動として執筆されました。
世界で最初にマイナス金利を提言
 世界で最初にマイナス金利を提言したのは輝の会です。
 マイナス金利は貨幣へのオプション概念の導入です。
就業可能日数の発見により安定した雇用環境を実現
 輝の会では就業可能日数を増加させることにより、失業率改善や安定した雇用を実現しています。
金運提供による景気回復の実現
 輝の会では金運を提供することにより、日本及び全世界の借金問題の解消及び景気回復に貢献しています。
日本人の大幅な賃上げを実現した金運サービス
 日本人全体に金運サービスを提供した結果、大幅な賃上げが実現しました。
アメリカの金運を回復した輝の会
 輝の会の金運提供により、アメリカの金運は約900兆円回復しました。
訪日外国人増加は輝の会による金運提供の成果
 輝の会は世界中の貧しい人々に金運を提供しています。
 これが、訪日外国人が増加している理由です。
従来の物理学を超えた5次元理論
 人類を進化させる働きにおいて、5次元理論は従来の物理学を上回ります。
科学理論の誤りを証明し、人のつながりを回復
 輝の会では科学理論の誤りを証明することに成功しました。
 その結果、人のつながりを回復することにも成功しました。
人工知能発展は5次元理論(輝の会教義)の成果
 人工知能の高度化は「5次元理論」の成果の1つです。
発見と積徳の連鎖
 発見と積徳の連鎖により、短期間で莫大な徳を蓄積することが可能です。
発見と積徳の連鎖(滝沢の活動実績)
 滝沢(輝の会会長)の活動実績は「発見と積徳の連鎖」の好例です。
実績の真偽は連続性で判断可能
 実績の正当性は、実績を挙げた後の状況から判断可能です。
金運サービスの正当性
 金運サービスの正当性は、実績の連続性で証明済です。
ソチ五輪・浅田真央選手の復活は開運の賜物
 ソチオリンピックのフィギュアスケートにおける浅田真央選手の復活は、開運の賜物です。
AKB48の開運
 AKB48及び国内関連グループに対して開運を実施中したので、AKB48メンバーのオーラは輝の神のオーラになっています。
東日本大震災による犠牲者のご供養実施
 輝の会では東日本大震災による犠牲者全員のご供養を、地震発生直後に実施しました。 既に全犠牲者の救済を完了しております。
藤圭子さんを救済した輝の会
 輝の会は藤圭子さんを天界に導きました。
 藤圭子さんは現在、輝の会守護神になられています。
日航機墜落事故犠牲者救済
 日航機墜落事故(1985.8.12発生)の犠牲者全員(520名)を天界に導きました。
 全員輝の会守護神霊としての活動を開始しています。
台風消去
 輝の会では台風消去を実施しています。台風消去実績は150回を超えています。
消去実施台風一覧
 台風消去を実施した台風の一覧。解説もあります。
野田首相へ原子力発電全廃を提言
 野田首相へ原子力発電全廃を提言しました。
 その結果「2030年代の原発稼動ゼロ」政策が決定されました。
業念による社会の破壊を防止する輝の会
 1990年代に急拡大した宗教を支配する業念が、国際関係悪化の原因です。
内閣を支える輝の会
 輝の会は天皇家を徳の提供という形で支えさせて頂くことにより、間接的に内閣の活動を支えています。
北朝鮮のミサイル発射を阻止した輝の会
 2013年4月に北朝鮮がミサイルを発射しなかったのは、輝の会が原因となる業念を消去したためです。
パナソニック復活を実現
 パナソニックを復活させたのは、松下幸之助さん(パナソニック創業者、輝の会守護神)及び輝の会守護神霊団です。
東京オリンピックを実現
 東京オリンピック招致に成功したのは、輝の会が徳を提供したためです。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.