寿命エネルギー
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 寿命エネルギー
追加する寿命エネルギーと若返り効果の関係
年齢 寿命エネルギー
日本人平均
人・年
90 8.6×10の12乗
80 3.6×10の13乗
70 6.8×10の27乗
60 3.8×10の76乗
50 5.7×10の106乗
40 6.8×10の136乗
30 8.7×10の182乗
20 1.6×10の186乗

 上表は日本人の寿命エネルギーの平均値です。(年齢別)
  (単位は(人・年))

 指数(乗、の直前の数値。20歳では186)で記載しているため、各年齢の寿命エネルギーの量は全然違います。
 指数の差が1の場合、エネルギーは10倍差になります。
 20歳と30歳では、指数が3以上異なるため、寿命エネルギーは1000倍以上の差です。(20歳の方が多い状態)

 以上の説明から、寿命エネルギーは年齢と共に大幅に減少することが分かります。

 60歳の寿命エネルギーの平均値は、3.8×10の76乗です。
 寿命エネルギーをこの量(3.8×10の76乗)追加すると、追加後の寿命エネルギーは、追加前の量と60歳平均値(3.8×10の76乗)の合計になります。

 60歳より年上の人(寿命エネルギーが60歳の平均値(3.8×10の76乗)より少ない人)が(3.8×10の76乗)だけ寿命エネルギーを追加すると、寿命エネルギーが大幅に増えるため、細胞は若返ります。
 65歳程度の平均的な人の細胞の状態になります。

 しかし、それ以上の若返りは困難です。
 寿命エネルギーが足りないためです。

 60歳より若い人が、60歳の平均値である(3.8×10の76乗)を追加しても、寿命エネルギーはそれほど増えません。(平均値の人の場合)。
 追加前の寿命エネルギーが、(3.8×10の76乗)よりも多いためです。
 寿命エネルギーがあまり増えないため、若返りも困難です。

 以上の説明で、各年齢の平均値分の寿命エネルギーを追加すると、その年齢までの若返りは可能ですが、それ以上の若返りが困難であることをご理解頂けると思います。(平均的な人の場合)

 ですから、寿命エネルギーの平均値(20〜60歳)の内、追加した場合に最も若返り効果が大きいのは、20歳の平均値である(1.6×10の186乗)の場合です。
 20歳より年上の人には若返りの効果があります。(平均的な人の場合)

 尚、若返り前に追加した寿命エネルギーを何らかの理由で消費する場合、その消費分だけ若返り効果は小さくなります。

 追加する寿命エネルギーと若返り効果の関係について、ご理解頂きたいと思います。

寿命エネルギーお申込方法

(2021.3.17 午後10時 記載)

前のページへ     次のページへ

寿命エネルギーお申込方法
寿命エネルギーお申込方法
 寿命エネルギーお申込方法の説明。
追加する寿命エネルギーと若返り効果の関係
 追加する寿命エネルギーの量により、若返りの効果は変わります。

寿命エネルギー 目次
寿命エネルギーの発見
 輝の会は寿命エネルギーを発見しました。
寿命エネルギーの量
 寿命エネルギーの最大値を紹介。                    
日本人の寿命エネルギー
 日本人の寿命エネルギーの平均値を紹介。
寿命エネルギーの発見による人類の進化
 寿命エネルギーの公開により、人類は411年進化します。
細胞活動期間
 細胞活動期間は細胞の活動状態、若さを決める重要な要素です。
寿命エネルギーによる若返り
 寿命エネルギーには身体を若返らせる効果があります。
細胞相互作用
 細胞相互作用の解説。
若返りの速さ
 若返りの速さの説明。
若返りの具体例
 寿命エネルギー追加による白髪の減少を確認しました。
白髪から黒髪への変化写真
 白髪から黒髪への変化を示す写真です。
若返りの具体例2 認知症の改善
 寿命エネルギーには細胞を若返らせる効果があるので、認知症が改善します。
寿命エネルギーと生命エネルギーの違い
 寿命エネルギーと生命エネルギーの違いを解説。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.