理 解 運
輝の会は新型コロナウイルス問題を解決しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 理解運

経済問題解決は理解運の効果

 「マイナス金利の導入」(2003年発表)の内容を滝沢(輝の会会長)が理解するために消費した理解運は736×10の20乗(人・年)です。

 滝沢以外の人の現在の理解運を合計しても、この値には足りません。
 (理解運別人数分布 ご参照)

 これは、現在の金融経済理論の完成度が2003年6月時点(「マイナス金利の導入」発表前)のレベルだと仮定すると、滝沢以外の現役人類全員が協力しても、「マイナス金利の導入」の内容を理解できないことを意味します。
 当時の銀行の不良債権問題や不景気を解決できないということです。

 銀行の不良債権問題や、この頃の日本の不景気は1990年代から長期間続き、戦後日本の最大の問題と言われていました。
 これを解決できなかった理由は、人類の理解運の不足です。
 理解運が不足していたため、解決策を見出すことができなかったのです。

 滝沢(輝の会会長)は「釈迦を超えた日」や「5次元理論」の公開により理解運を増やしていたため、「マイナス金利の導入」で発表した「金利と名目経済成長率は一致しなければならない」という原理を史上初めて理解することができました。
 その結果、不良債権問題や不景気を解決できたのです。

 「マイナス金利の導入」の内容は、滝沢が史上初めて理解した金融経済理論の羅列です。
 ですから、その理解には莫大な理解運が必要だったのです。

 尚、「マイナス金利の導入」はマイナス金利の理論化に成功した世界で最初の論文です。
 マイナス金利の導入を世界で最初に提唱したのは滝沢です。

 理解運の重要性をご理解頂きたいと思います。

理解運お申込方法

(2020.4.20 午後6時 記載)

積徳量の重要性

 「マイナス金利の導入」で発表した内容を滝沢(輝の会会長)が理解するために消費したのは、理解運だけではありません。積徳量も減少しました。

 減少した積徳量は、8.5×10の31乗(人・年)です。

 このように、何かを理解する際に、理解運だけではなく積徳量を消費する場合もあります。

(2020.4.25 午後0時 記載)
前のページへ     次のページへ

理解運お申込方法
理解運お申込方法
 理解運お申込方法の説明。

理解運 目次
理解運の発見
 輝の会は理解運を発見しました。
理解運別人数分布
 理解運別の人数分布を公開しました。
理解運の使用量
 理解運の平均使用量を公開。
理解運における理解とは
 理解運における理解の説明。
理解は時代と共に変遷する
 人類の理解度は少しずつ向上します。
価値が大きい人類史上初めての理解
 「人類史上初めての理解」 には非常に多くの理解運が必要です。
経済問題解決は理解運の効果
 「マイナス金利の導入」の内容の理解(発見)には、莫大な理解運が必要でした。
学校教育と理解運
 高校までの学習に必要な理解運の解説。
難関大学と理解運
 東大生と慶大生の理解運を紹介。
アインシュタインの理解運
 アインシュタイン博士の理解運を紹介。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.