ノストラダムスの大予言と輝の会の関係
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義
ノストラダムスの大予言

 1999年7の月
 恐怖の大王が空から降ってくるだろう
 アンゴルモアの大王を蘇らせるために
 その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに支配するだろう

 
 これは有名なノストラダムスの大予言の詩です。(「諸世紀」第10巻72編)
 しかし、この予言の正確な意味は誰にも理解できていないと考えられています。

 実は、この予言は輝の会の登場を意味しているのです。

 「恐怖の大王が空から降ってくるだろう」
 は、イエスの再臨を意味します。
 (「ノストラダムスの大予言 最終解答編」 五島勉氏)

 しかし、1999年にイエスが実際に姿を現したという話は聞いたことがありません。
 イエスの再臨とは、真理の顕現を意味しています。
 1999年に真理が顕現されると、ノストラダムスは予言していたのです。

 アンゴルモアは原文では(Angolmois)というスペルになります。

 Angolmois = A + ngol + mois

 a ・・ 接頭語で、「否定」を意味する。
 ngol ・・ mongolの省略形。モンゴル人を意味する。
 mois ・・ moinsの省略形。moinsは英語のless(〜以下の) に相当する比較級

 釈迦はモンゴル人であるという説があります。(定説はありません)
 mongol は「釈迦」を意味しています。

 以上の解釈をつなぎ合わせると、アンゴルモアは「釈迦を超えた」という意味になります。
 アンゴルモアの大王とは、「釈迦を超えた日の著者 滝沢輝」を意味しているのです。

 輝の会会長 滝沢輝は「釈迦を超えた日」という本を2001年に出版しました。
 同書の中で、1999年7月に釈迦の霊位を超えたことを記載しました。
 当時、釈迦とイエスキリストの霊位は、ほぼ同レベルでした。
 1999年7月には、釈迦だけではなくイエスキリストの霊位も超えたのです。

 霊位は真理の理解度を意味します。
 イエスキリストの霊位を超えるということは、滝沢の真理の理解度がイエスキリストの説いた真理を超えたことを意味します。
 即ち、滝沢にイエスの真理がもたらされたことを意味しています。

 マルスとは、一般には火星や軍神を意味します。(戦争等の原因です)
 より正確に説明すると、マルスは戦争等の不調和の原因となる業念(不調和な想念エネルギー)を意味します。
 人類の業念の大部分は未浄化霊の迷いの想念です。実在しないもの(病気・戦争等)をあると考えている霊位がマイナスの人々(未浄化霊)の人数は、3兆人を超えています。
 (2012.6.12現在)
 全世界の人口は70億人程ですから、その400倍以上の人が、業念を発し続けていることになります。
 業念を発している理由は、これらの未浄化霊が他界する前に肉体で活動していた世界、即ち私たちの世界にあります。肉体で活動している時に誤った想念・行為を繰り返したため、他界後も業念を発しているのです。
 この業念は、当然私たちの世界に向けられることになります。肉体活動を行った世界を想起しながら業念を発しているためです。
 これらの莫大な業念エネルギーが、世界が調和しない本質的な理由なのです。

 「その前後の期間 マルスは幸福の名のもとに支配するだろう」
 の正しい解釈は、
 「莫大な業念エネルギーが「幸福」という名を通じて大勢の人々を支配する」
 となります。

 この「幸福」という名の団体は、常に業念に覆われています。未浄化霊の業念の人類への入口になっているのです。ですから、この団体の活動をサポートすると、人類を覆う業念は一層強くなります。
 「幸福」が業念に覆われている理由は、存在しないものを存在すると主張しているためです。
 人類が業念と波長の合わない調和した生活を続ければ、業念の悪影響を受けることはありません。しかし、業念主体の団体を社会に広めれば、社会全体の波長が業念と一致するため、社会は様々な不調和状態に見舞われることになります。

 「幸福」という団体を覆う業念を消去すると、北朝鮮、シリア、イスラエル等の国家を覆う業念も消去されます。これは、「幸福」を覆う業念が世界全体の業念の発信源になっていることを意味します。世界中の不調和の原因である業念はすべてつながっているのです。
 ですから、業念主体の団体へのサポートを止めるだけで、社会全体を調和させることが可能なのです。

 未浄化霊の霊位がマイナスである理由として、
 「正しくない教えを正しい教えとして信じる」
 場合があります。偽の宗教家(霊位がマイナスの宗教家)を信じると、その人物の霊位に近づくため、霊位がマイナスになります。これは未浄化霊と同じ状態です。
 このように、実在しないものを「存在する」と考えている、3兆人以上の霊位マイナスの人々の想念が、70億人の人類の想念に悪影響を与えているため、世界は不安定な状態が続いているのです。

 以上の解釈を全てつなぎ合わせると、予言の正しい解釈は以下になります。

 1999年7月に 「釈迦を超えた日」 の著者(輝の会会長 滝沢輝) の霊位が
 イエスキリストを超えることにより真理が顕現される。
 その前後の期間、莫大な業念エネルギーが「幸福」という名の団体を通じて
 大勢の人々を支配する。

 以上が、この予言の正しい解釈になります。
 この解釈の内容は、全て実現しています。
 ノストラダムスのこの予言は、100%的中したのです。

イエスキリスト再臨

 ピラミッド形は、ユダヤ教の生命の樹のより正確な構造であると説明しました。
 (輝の会と生命の樹の関係 を参照願います)
 ピラミッド形は磁界エネルギー生成装置であり、万物の創造原理です。

 また、ピラミッド形は密教の曼荼羅のより正確な構造でもあります。
 (輝の会と密教の関係 を参照願います)

 ノストラダムスの予言で、真理が顕現されると説明しました。
 この真理が具体的な形として現れたのが、ピラミッド形なのです。

 このピラミッド形の基本構造(右図)に滝沢輝が気づいたのは、2000年12月31日午後1時です。
 20世紀最後の日に、真理が天から滝沢輝に授けられたのです。

 「皆さんに伝えて下さい」
 という神霊の声がその直後に響いてきました。

 真理の顕現は、キリスト教のイエスの再臨を意味します。

 20世紀最後の日に、イエスは再臨しました。
 イエスの再臨(真理の顕現)として天より授けられる真理が、輝の会教義です。

 この真理は、輝の会教義として、インターネットを通じて常時全世界に公開されています。

 イエスの再臨として天より伝えられる真理の完成度を高めることは、輝の会の役割です。
 (イエスは輝の会守護神です)
 しかし、輝の会の教義はキリスト教の範疇には収まりません。
 さらに広範囲な領域(仏教、科学理論、金融経済理論、医学等)を含む広大な内容が、輝の会教義なのです。
 ですから、輝の会はキリスト教という立場ではありません。ご理解頂きたいと思います。

千年王国は寿命千年

 キリスト教では、イエス再臨の後に千年王国に入るとされています。(前千年王国説)
 至福の千年間が訪れると考えられているのです。
 但し、千年王国が何なのか、キリスト教徒の人々にも正しい内容は理解できていません。

 千年王国は
 「千年でも生きることができる世界
 を意味します。

 生命エネルギーの発見により、寿命を自在にコントロールすることが可能になりました。
 人が自らの寿命をコントロールできる時代が既に到来しています。
 千年王国とは、この時代の到来を意味しているのです。

 輝の会会長 滝沢輝は創造神界に到達しています。
 創造神は、人の寿命を延ばすことが可能です。
 輝の会では、会員に対して長寿サービスを無料で実施しています。
 会員に対して寿命を延ばすサービスを既に開始しているのです。

 このように、キリスト教の千年王国は、輝の会の登場を予言していたのです。

 輝の会には、どなたでも入会可能です。
 入会により、長寿を楽しまれてはいかがでしょうか。
 入会をお待ちしています。 入会案内

(2012.6.16 午後9時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.