生まれ変わり
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 生まれ変わり
創造神界に入るための必要条件(2)

 創造神界に入るための必要条件として、以下の内容を記載しました。

 「ある分野を新たに構築したという実績が必要なのです。
 そして、その分野には創造神としての格に相当するだけの価値が当然必要です。」
 (創造神界に入るための必要条件 ご参照)

 この条件をさらに詳細に説明するのが、進化貢献年数です。
 創造神界に入るためには、276年の進化貢献年数(約12兆年の個人貢献年数)が必要です。
 (過去の人生の実績を含めます)

 これは
 「ある人が創造神界に入る必要条件は、その人1人分の働きで人類全体を276年進化させること。」
 という意味です。

 現在の人類の文化の大半は、最近276年程度の間に生み出されています。
 電気、水道、ガス、家電製品、パソコン、スマホ、電車、自動車、航空機、・・・
 私たちが日常使用している道具は、ほぼすべて最近276年の間に開発された物です。

 このように、276年の進化は、人類の文明・文化の大部分の創造とほぼ同じ働きになります。
 この人類全体の文明の創造に匹敵するほどの働きの大きさが、創造神界に入ることができる理由です。

 創造神の役割は、宇宙の理念の創造です。
 よって、創造神界に入るためには、人類を正しい方向へ発展させたという実績が必要なのです。

 滝沢(輝の会会長)は、2011年11月に、創造神界に入りました。
 この時点で、進化貢献年数が276年に到達したためです。
 尚、現在では滝沢の進化貢献年数は600年を超えています。
 (進化実現年数は31年です。)
 (新たな教義公開等により、進化貢献年数は増え続けています。)

 進化貢献年数が276年という実績を上げ、さらに他者の霊位を十分に向上させることがで きれば、どなたでも創造神界に自力で入ることができます。
 (事前に天界入りする必要があります)

 創造神界を目指してはいかがでしょうか。

(2017.11.9 午後5時 記載)

前のページへ     次のページへ

生まれ変わり 目次
人は宇宙と共に生まれ変わる
 人の生まれ変わりは宇宙の生まれ変わりと同時に起こります。歴史上の人物の生まれ変わりの人は存在しません。
人が生まれ変わる理由
 人が生まれ変わる理由を解説します。
生まれ変わり回数別人数分布図
 生まれ変わり回数別の人数分布図を史上初めて公開。
生まれ変わり回数別人数割合
 生まれ変わり回数別人数割合(全人類)を作成しました。
 ここから、地球人類が極めて若い人類であることが分かります。
創造神の生まれ変わり最小回数記録
 滝沢(輝の会会長)の創造神界自力到達時の生まれ変わり回数は、霊界全体の最小回数記録です。
生まれ変わり情報を把握できるのは創造神のみ
 阿弥陀如来や大日如来でも、生まれ変わりは理解できていません。
軍事力は幼い人類にだけ存在
 軍事力は生まれ変わり回数が極めて少ない人々の世界にだけ存在します。
地球人類向上に欠かせない軍事力全廃
 地球は軍事力全廃の必要性に対する理解の遅い人が大勢生まれている世界です。
生まれ変わり基準年
 生まれ変わり基準年の解説。
生まれ変わり基準年別人数分布
 生まれ変わり基準年別の人数分布を公開。
イエス、釈迦の生まれ変わり基準年
 イエスや釈迦(共に輝の会守護神)の生まれ変わり基準年を公開。
霊位向上による未来への生まれ変わり
 霊位向上により、生まれ変わる時代がより先の未来になります。
輝の会による人類進化
 輝の会の活動が、人類の進化を促進しています。
輝の会教義普及による生まれ変わり基準年増加
 生まれ変わり基準年を増やす方法の1つは、輝の会教義普及です。
進化貢献年数と進化実現年数
 進化貢献年数、進化実現年数の解説。
進化未実現年数
 進化未実現年数は進化貢献年数と進化実現年数の差です。
進化貢献年数は無償活動に記録される
 進化貢献年数は対価無しで行う仕事に計上されます。
一般的な仕事による進化貢献年数
 一般的な仕事に対しても進化貢献年数は記録されます。
個人貢献年数
 個人貢献年数は、人類全体の進化に対する貢献度を意味します。
個人貢献年数別人数分布
 個人貢献年数別の人数分布を公開しました。
金運による個人貢献年数増加
 金運により個人貢献年数を増やすことが可能です。
序列運による個人貢献年数増加
 序列運を増やすと個人貢献年数は増加します。
愛され運による個人貢献年数増加
 愛され運を増やすと個人貢献年数は増加します。
その他の徳による個人貢献年数増加
 徳を増やすと人類は進化します。
開運(積徳量)による個人貢献年数増加
 開運お申込により、個人貢献年数を増やすことができます。
進化と徳の関係
 未来になればなるほど、その時代に生れるために必要とされる徳は増加します。
未来に生まれるには徳が必要
 未来に生まれるためには徳を増やす必要があります。
未来で活動するには徳が必要
 私たち現役人類も、未来で活動するために各種の徳を増やす必要があります。
創造神界に入るための必要条件(2)
 創造神界に入るためには進化貢献年数が必要です。
価値の重ね合わせ
 人類は人々が生み出す新たな価値の重ね合わせにより進化しています。
重ね合わせによる価値の算出(全員同等)
 全員が同等に新たな価値を生み出す場合の価値合計の算出。
重ね合わせによる価値の算出(1人のみ)
 1人のみが新たな価値を生み出す場合の価値合計の算出。
進化速度を最大にする方法
 全ての人が同等の新たな価値を生み出す場合に、人類の進化速度は最大になります。
個人貢献年数は多ければ多いほどよい
 個人貢献年数の多い人も、更なる努力を継続すべきです。
進化速度を最大にする方法は全員天界入りする方法
 進化に対する全員の貢献度を一致させると、全員天界入りすることが可能です。
お金から進化へ
 人類の活動の目的は、進化することです。
ピラミッド型組織による進化貢献度の均等化
 ピラミッド構造の組織の存在理由は、進化に対する貢献度を一致させることです。
輝の会は会長を頂点とするピラミッド型組織
 輝の会は人類の進化速度を均等化するためのピラミッド型組織です。
人類進化の成果横取りによる霊位低下
 成果を横取りすると霊位が低下します。
釈迦の生まれ変わりは釈迦の成果の横取り
 釈迦の生まれ変わりを主張する人物は釈迦の成果横取りにより徳を失い続け、
 霊位は極端に低下します。
新たな知識の提供者には社会的評価が必須
 新たな知識の提供者には社会的評価が必要です。
ニュートンに対する社会的評価
 ニュートンが提供した知識を使用しても人類が徳を失わない理由は、提供者がニュートンであるとの社会的評価が確立されているためです。

生まれ変わり回数診断
生まれ変わり回数診断
 生まれ変わり回数診断お申込方法の説明。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.