生まれ変わり
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 生まれ変わり
仕事の能力と生まれ変わり回数

 社会を進化・発展させる能力を、仕事の能力とします。
 新たな価値を生み出す能力が仕事の能力になります。
 既存の価値と同じ価値を提供する人には、仕事の実績は記録されません。
 
 過去の人生の回数と社会を進化・発展させた実績で、仕事の能力が決まります。

 仕事の能力 = A × (進化・発展の実績)÷(人生の回数)

 仕事の能力を決めるのは、1回の人生における、進化・発展の実績の平均値です。
 上の計算式では、この値にある係数Aを掛けています。

 現在の人生における仕事の能力は、上記の計算式で決まります。

 この計算式から、少ない生まれ変わり回数で多くの仕事をする人ほど、仕事の能力が高くなることが分かります。

 多くの仕事を行う人生を、多数の人生で続ける人ほど、高い能力を獲得します。

 仕事の対価が、仕事の能力という形で本人に還元されるということです。

 「霊団の最高位の役割を与えられるのは、486回以下の人生(生まれ変わり回数485回以下)で生まれ変わりが完了した人である。」と説明しました。(生まれ変わりの全体像 ご参照)
 霊団の最高位を経験することは、創造神界に自力で入るための必要条件です。

 生まれ変わり回数が条件になる理由は、生まれ変わり完了(職業実績完了を含む)に要した回数が、その神霊の仕事の能力を決めるためです。
 生まれ変わり完了に必要な仕事の量は一定です。
 ですから、仕事の能力は生まれ変わり完了に要した回数で決まります。

 486回以下の人生で生まれ変わりが完了しないと、霊団最高位や創造神界の仕事ができません。
 ですから、生まれ変わり回数の条件が設定されています。

 生まれ変わり完了時の神霊の仕事の能力は、生まれ変わりの回数で決まります。
 (人生の回数=生まれ変わり回数+1 で決まります。)

 仕事の能力の決定方法を、ご理解頂きたいと思います。

(2022.6.14 午後0時 記載)
前のページへ     次のページへ

生まれ変わり - 診断
生まれ変わり回数診断
 生まれ変わり回数診断お申込方法の説明。
 過去の生まれ変わり回数、及び生まれ変わり基準年(生誕時)の診断です。
生まれ変わり基準年診断
 生まれ変わり基準年診断お申込方法の説明。
 生まれ変わり基準年(現在)の診断です。
生まれ変わり基準年は全ての徳の合計
 生まれ変わり基準年は、あらゆる種類の徳の合計を意味します。
生まれ変わり予定診断
 生まれ変わり予定診断お申込方法の説明。
 未来の生まれ変わり回数の診断です。

生まれ変わり 目次
生まれ変わりの全体像
 輝の会は、生まれ変わりの全体像(過去・未来)を把握できます。
未来の人生は既に構成されている
 未来の人生は創造神界12-22段目に構成されています。
生まれ変わり回数が激減する輝の会会員
 輝の会会員になると、容易に生まれ変わり回数を減らすことができます。
仕事の能力と生まれ変わり回数
 少ない生まれ変わり回数で多くの仕事をする人ほど、仕事の能力が高くなります。
生まれ変わり回数が少ない創造神
 創造神は極めて少ない生まれ変わり回数で、生まれ変わりを完了しています。
天界神霊の段階と生まれ変わり回数
 生まれ変わり回数が少ない天界神霊ほど、上位の段階に到達しています。
増加するプーチン大統領の生まれ変わり回数
 ウクライナ攻撃により、プーチン大統領の未来の生まれ変わり回数は増加しています。
ヒトラーの未来の生まれ変わり回数は16万回
 ヒトラーの未来の生まれ変わり回数は16万回程です。
人は宇宙と共に生まれ変わる
 人の生まれ変わりは宇宙の生まれ変わりと同時に起こります。歴史上の人物の生まれ変わりの人は存在しません。
人が生まれ変わる理由
 人が生まれ変わる理由を解説します。
生まれ変わり回数別人数分布図(2019.5.18 時点)
 生まれ変わり回数別の人数分布図(2019.5.18 時点)を公開。
生まれ変わり回数別人数割合
 生まれ変わり回数別人数割合(全人類)を作成しました。
 ここから、地球人類が極めて若い人類であることが分かります。
創造神の生まれ変わり最小回数記録
 滝沢(輝の会会長)の創造神界自力到達時の生まれ変わり回数は、霊界全体の最小回数記録です。
生まれ変わり情報を把握できるのは創造神のみ
 阿弥陀如来や大日如来でも、生まれ変わりは理解できていません。
軍事力は幼い人類にだけ存在
 軍事力は生まれ変わり回数が極めて少ない人々の世界にだけ存在します。
地球人類向上に欠かせない軍事力全廃
 地球は軍事力全廃の必要性に対する理解の遅い人が大勢生まれている世界です。
生まれ変わり基準年
 生まれ変わり基準年の解説。
生まれ変わり基準年別人数分布(2019.5.18 時点)
 生まれ変わり基準年別の人数分布(2019.5.18 時点)を公開。
イエス、釈迦の生まれ変わり基準年
 イエスや釈迦(共に輝の会守護神)の生まれ変わり基準年を公開。
霊位向上による未来への生まれ変わり
 霊位向上により、生まれ変わる時代がより先の未来になります。
輝の会による人類進化
 輝の会の活動が、人類の進化を促進しています。
輝の会教義普及による生まれ変わり基準年増加
 生まれ変わり基準年を増やす方法の1つは、輝の会教義普及です。
進化貢献年数と進化実現年数
 進化貢献年数、進化実現年数の解説。
進化未実現年数
 進化未実現年数は進化貢献年数と進化実現年数の差です。
進化貢献年数は無償活動に記録される
 進化貢献年数は対価無しで行う仕事に計上されます。
一般的な仕事による進化貢献年数
 一般的な仕事に対しても進化貢献年数は記録されます。
個人貢献年数
 個人貢献年数は、人類全体の進化に対する貢献度を意味します。
個人貢献年数別人数分布
 個人貢献年数別の人数分布を公開しました。
金運による個人貢献年数増加
 金運により個人貢献年数を増やすことが可能です。
序列運による個人貢献年数増加
 序列運を増やすと個人貢献年数は増加します。
愛され運による個人貢献年数増加
 愛され運を増やすと個人貢献年数は増加します。
その他の徳による個人貢献年数増加
 徳を増やすと人類は進化します。
開運(積徳量)による個人貢献年数増加
 開運お申込により、個人貢献年数を増やすことができます。
進化と徳の関係
 未来になればなるほど、その時代に生れるために必要とされる徳は増加します。
未来に生まれるには徳が必要
 未来に生まれるためには徳を増やす必要があります。
未来で活動するには徳が必要
 私たち現役人類も、未来で活動するために各種の徳を増やす必要があります。
愛され運、金運、序列運、積徳量と個人貢献年数
 愛され運、金運、序列運、積徳量と個人貢献年数の関係を具体的に説明。
創造神界に入るための必要条件(2)
 創造神界に入るためには進化貢献年数が必要です。
進化貢献年数2000年到達
 滝沢(輝の会会長)の進化貢献年数が2000年を超えました。
霊位向上には生まれ変わり基準年増加が必要
 天界神霊の更なる霊位向上には、生まれ変わり基準年増加が必要です。
生まれ変わり基準年マイナスと短命化
 生まれ変わり基準年がマイナスになると、徳不足により短命化します。
価値の重ね合わせ
 人類は人々が生み出す新たな価値の重ね合わせにより進化しています。
重ね合わせによる価値の算出(全員同等)
 全員が同等に新たな価値を生み出す場合の価値合計の算出。
重ね合わせによる価値の算出(1人のみ)
 1人のみが新たな価値を生み出す場合の価値合計の算出。
進化速度を最大にする方法
 全ての人が同等の新たな価値を生み出す場合に、人類の進化速度は最大になります。
個人貢献年数は多ければ多いほどよい
 個人貢献年数の多い人も、更なる努力を継続すべきです。
進化速度を最大にする方法は全員天界入りする方法
 進化に対する全員の貢献度を一致させると、全員天界入りすることが可能です。
お金から進化へ
 人類の活動の目的は、進化することです。
ピラミッド型組織による進化貢献度の均等化
 ピラミッド構造の組織の存在理由は、進化に対する貢献度を一致させることです。
輝の会は会長を頂点とするピラミッド型組織
 輝の会は人類の進化速度を均等化するためのピラミッド型組織です。
人類進化の成果横取りによる霊位低下
 成果を横取りすると霊位が低下します。
釈迦の生まれ変わりは釈迦の成果の横取り
 釈迦の生まれ変わりを主張する人物は釈迦の成果横取りにより徳を失い続け、
 霊位は極端に低下します。
新たな知識の提供者には社会的評価が必須
 新たな知識の提供者には社会的評価が必要です。
ニュートンに対する社会的評価
 ニュートンが提供した知識を使用しても人類が徳を失わない理由は、提供者がニュートンであるとの社会的評価が確立されているためです。
過去世で天界経験が無い現役地球人類
 現役地球人類で、過去世において天界に到達した人は存在しません。
輝の会守護神は高位の霊団に生まれ変わる
 輝の会守護神は高位の霊団に生まれ変わります。

職業実績
職業実績を担当する創造神
 生まれ変わりを完了するためには、職業実績が必要です。
人類救済を完了した滝沢(輝の会会長)
 滝沢(輝の会会長)は2011年に人類救済を完了しました。
人類救済成功確率は3分の2
 人類救済活動の成功確率は3分の2程度です。
天界神霊は速やかな職業実績計上が可能
 天界に入ると、速やかな職業実績計上が可能になります。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.