自 由 運
輝の会は寿命を提供しています。
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 
 ホーム > 自由運
マイナスの自由運は認知症の原因

 日本には認知症の方が大勢います。
  2025年の患者数は約700万人と推計されています。

 自由運と認知症に関係のあることが分かりました。
 認知症患者の多くは、自由運がマイナスです。

 他者の自由を奪うと、自由運が減少します。
 ですから、自由運がマイナスの人は、他者の自由を奪ったという記録があることになります。

 認知症になると、記憶等が失われます。
 これは、正しい記憶による行動の自由が奪われることを意味します。
 このように、認知症になると自由を失います。
 自由を失うと、自由運がマイナスの人は自由運が増加し、0に近づきます。

 このように、認知症はマイナスの自由運を0に戻す過程になっています。

 病気になると、身体の自由等を失います。
 ですから、マイナスの自由運を0に戻す過程として病気になるケースも多い状況です。

 病気予防のためにも、自由運プラスの状態を維持すべきであることを、ご理解頂けると思います。

自由運お申込方法

(2021.11.10 午前10時 記載)
若返りの具体例2 認知症の改善
前のページへ     次のページへ

自由運お申込方法
自由運お申込方法
 自由運お申込方法の説明。
自由運の獲得量
 自由運の獲得量に関する説明。

自由運 目次
自由運の発見
 輝の会は自由運を発見しました。     
自由運別人数分布
 自由運別人数分布を作成しました。 
釈迦とイエスの自由運
 釈迦とイエスの自由運等を紹介。 
獲得した自由と自由運消費量
 飛行機や宇宙ロケット開発等による自由運の消費量を紹介。      
寿命エネルギーと自由運消費量
 寿命エネルギーや生命エネルギーの発見により、人類は莫大な自由を獲得しました。
周庭さんの刑期を短縮した自由運
 自由運には刑期を短縮する効果があります。
「勉強をしろ」による自由運喪失
 子供に「勉強をしろ」と言うと、自由運を失います。
マイナスの自由運は認知症の原因
 マイナスの自由運は認知症の原因です。
自由を奪う行為は犯罪
 自由を奪う行為は犯罪です。
犯罪の種類は奪われる自由で決まる
 犯罪の種類は、奪われる自由で決まります。
自由は命よりも尊い
 自由は命よりも重要です。 
国家の目的は国民に自由を与えること
 国家は国民に自由を与えるために存在します。
緊急事態宣言、反東京オリンピックにより失われた自由運・信頼運
 緊急事態宣言、反東京オリンピックにより失われた信頼運・自由運の説明。
新型コロナウイルスの感染証明は国の責任
 新型コロナウイルスの感染を根拠に人の自由を奪うためには、自由を奪う側(国など)が感染を証明しなければなりません。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.