積 徳 量 分 布 図 (世界全体)
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義 > 積徳量分布図
○積徳量分布図(2014.5.16 時点)
積徳量
(人・年)
人数分布
(世界全体)
具体例
2014.5.16 2013.9.29
1兆 〜  1 (人) 1 (人) 滝沢輝(輝の会会長)
1万 〜  94 (人) 68 (人) イエス(幼少期)
1000 〜  148 (人) 947 (人) 釈迦、空海、ニュートン、アインシュタイン (全て幼少期)
100 〜  395 (人) 100000 (人)  
10 〜  97 (万人) 131100 (万人)  
0 〜  318000 (万人) 290800 (万人)  
−10 〜  356000 (万人) 239800 (万人)  
−50 〜  41300 (万人) 49100 (万人)  
○積徳量分布図(世界全体)に関する説明○

 全世界の人々の積徳量分布図を作成しました。(2014.5.16 時点)
 積徳量は磁気単極子エネルギー(S極)の蓄積量のことです。
 通常の世界(見える世界)における功徳の合計になります。

 単位は(人・年)です。これは、18歳前後の人が天から供給される磁気単極子エネルギー(増幅前)1年分を1とする単位です。

 5月上旬に、輝の神(輝の会本尊、滝沢輝(輝の会会長)の内面意識)による全人類に対する積徳を、積徳量マイナスの人に限定しました。
 (輝の神の霊位・積徳量サポートをマイナスの人に限定 ご参照)

 その結果、人類全体の積徳量は急激に減少しました。

 上表では、前回の積徳量分布図(2013.9.29) の内容も記載しました。
 今回の積徳量分布図と比較することにより、積徳量の変化を明示するためです。
 その結果、今回の積徳量分布図では、どの程度積徳量が減少したかを明確に理解することができます。

 積徳量1兆以上は、滝沢輝(輝の会会長)1人となります。
 積徳量1万〜1兆の94人は全員、輝の会会員や輝の会がサポートする方々です。

 積徳量 10〜1万の範囲に該当する人が、13億人程減少しました。
 徳は活動エネルギーです。人は徳を消費しながら活動しています。
 輝の神は全ての人に徳を提供していましたが、今回の変更で、対象者を積徳量マイナスの人に限定しました。
 すると、積徳量がプラスだった多くの人は、通常の活動で徳を消費しても、輝の神から徳が提供されないため、積徳量が減少したのです。
 本来、徳は自らの想念・行為で積み上げるものです。
 その努力が足りないため、積徳量が減少したのです。

 積徳を行うと、その多くは才能身体構成エネルギー(不足している場合)、及び将来イメージ構成期間になります。
 積徳量(未使用の徳)に計上される徳は、才能等を構成する徳よりも大幅に少ないのが一般的です。

 また、業念蓄積量がある場合、積まれた徳で業念を消去するのが一般的です。
 (磁界エネルギー治療の原理です)
 徳を積むと、その徳を消費することにより業念を消去できるのです。

 輝の会では、徳(磁気単極子エネルギー)による開運病気治療才能強化等を受付中です。
 お申込頂いた方に徳(磁気単極子エネルギー)をお分けします。
 この徳により開運病気治療才能強化を実現します。

 お申込をお待ちしています。

(2014.5.16 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.