霊 位 分 布 図 (世界全体)
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 教義 > 霊位分布図
○霊位分布図(2014.5.14 時点)
霊位 段階 磁界
エネルギー
(人・年)
人数分布
具体例
(2014.5.14) (2013.9.16)
全体意識 - - - -
創造神界 - 100京 〜 1 (人) 1 (人) 輝の神
10京 〜 0 (人) 0 (人) 安倍首相の指導神
100兆 〜 0 (人) 0 (人) 仏教、神道、キリスト教最高指導神を支える創造神
49.6億 〜 0 (人) 0 (人)  
天 界 1〜37 92 〜 17 (人) 4812 (万人)  
霊界4 1〜8 1.96 〜 379 (人) 56.3 (億人)  
霊界3 5 1.21 〜 87 (人) 3.9 (億人)       
4 0.75 〜 516 (人)
3 0.46 〜 8896 (人)
2 0.29 〜 5 (万人)
1 0.18 〜 47 (万人)
霊界2 5 0.11 〜 178 (万人) 1.9 (億人)       
4 0.07 〜 587 (万人)
3 0.04 〜 1767 (万人)
2 0.03 〜 1.5 (億人)
1 0.02 〜 5.9 (億人)
霊界1 - 0〜 50.2 (億人) 4870 (万人)   
霊位
マイナス
- 〜0 13.8 (億人) 8.8 (億人) ヒトラー
○霊位分布図(世界全体)に関する説明○

 全世界の人々の霊位分布図を更新しました。(2014.5.14 時点)

 5月上旬に、輝の神(輝の会本尊、滝沢輝(輝の会会長)の内面意識)による全人類に対する霊位上昇を、霊位マイナスの人に限定しました。
 (輝の神の霊位・積徳量サポートをマイナスの人に限定 ご参照)

 その結果、人類全体の霊位は急激に低下しました。
 人類全体の意識が自己中心的な方向に偏っているため、霊位が低下したのです。

 輝の神は全ての人の意識を調和の方向に導いていましたが、今回の変更で、これを霊位マイナスの人に限定したため、大勢の人々(霊位プラスの人々)が自らの自己中心的な想念・行為の結果として、霊位を下げてしまったのです。

 今回の霊位分布図では、どの程度低下したかを明確に理解することができます。

 上表では、前回の霊位分布図(2013.9.16) の内容も記載しました。
 今回の霊位分布図と比較することにより、霊位の変化を明示するためです。

 創造神界に到達しているのは輝の神だけです。
 地球人類史上初めて創造神界に入りました。

 天界は17人です。その内、16人が輝の会会員や輝の会のサービスを受けた方です。
 前回の分布図では4812万人が天界に位置していましたから、4812万人減少したことになります。

 霊界4は379人です。前回の分布図では56.3億人が霊界4に位置していましたから、56.3億人減少したことになります。

 霊界3は52万人です。前回の分布図では3.9億人が霊界4に位置していましたから、3.9億人減少したことになります。

 霊界2は7.6億人です。前回の分布図では1.9億人が霊界4に位置していましたから、5.7億人増加したことになります。

 霊界1は50.2億人です。前回の分布図では0.5億人が霊界4に位置していましたから、49.7億人増加したことになります。
 輝の神による霊位上昇対象者を霊位マイナスの人に限定したため、大部分の人の霊位が霊位1になりました。
 この霊位の大部分の人は霊位がマイナスになり、輝の神の霊位上昇を受けた結果として霊位1に位置しているのです。

 霊界マイナスは13.8億人です。前回の分布図では8.8億人が霊界4に位置していましたから、5億人増加したことになります。
 輝の神による霊位上昇の対象者を霊位マイナスの人に限定したため、霊位がプラスだった人々の霊位が低下し、霊位マイナスの人が増えたのです。

 前回の霊位分布図では平均霊位は霊位3でしたが、今回の霊位分布図では霊位マイナス(磁界エネルギーはほぼ0)になりました。(輝の神を除いた平均霊位です)
 それだけ極端に霊位が低下したのです。

 5月上旬に輝の神の霊位上昇対象者を変更するまでは、前回の霊位分布図より人類の霊位は高い状態でした。ですから、この1週間ほどで一気に霊位が下がったことになります。

 前回の分布図と今回の分布図の差は、輝の神の働きの大きさ、力の強さを意味します。
 輝の神が従来通り、すべての人の霊位上昇を同等に行えば、すぐに人類の霊位は元に戻ります。それ以上の霊位に導くことも簡単です。

 しかし、輝の神以外の人類の想念・行為による霊位を正確に把握するためには、今回の霊位上昇対象者変更が正しい判断なのです。

 輝の神以外の人類の平均霊位はマイナスです。(磁界エネルギーは、ほぼ0です)
 輝の神が霊位上昇を行っているにもかかわらず、平均霊位がマイナスなのです。

 平均霊位マイナスは極めて危険な状態です。
 業念浄化が行われるため、様々な不調和が頻発することになります。
 2013年10月の大型台風連続到来の真の原因は、当時の(輝の会以外の)日本人の平均霊位が大幅なマイナスだったことなのです。(消去実施台風一覧表 ご参照)

 尚、輝の神を含めた人類の平均霊位は、大幅なプラスになります。
 輝の神を除くと、人類の平均霊位はマイナスになります。
 輝の神が人類として活動しているので、世界は安定しているのです。
 輝の会が人類にとって重要である理由の1つはここにあります。

 人類が真の発展を遂げるためには、輝の神以外の人々が自らの想念・行為で霊位を上昇させる必要があります。
 そのためには、輝の神の働きを除いた霊位を把握した上で、これを向上させる必要があります。
 この輝の神の働きを除いた霊位に近いのが、今回の霊位分布図なのです。

 尚、輝の神は霊位マイナスの人の霊位上昇を行っているため、今回の霊位分布図でもかなり大きな影響を与えています。
 輝の神の働きを完全に除いた場合の人類の霊位は、今回の分布図よりさらに低くなります。

(2014.5.14 午後5時 記載)
(2014.5.16 午後8時 赤字追記)

○霊位に関する説明○

 霊位とは魂(内面意識)の格の高さのことです。
 内面意識の磁界エネルギー蓄積量で定義できます。
 霊位は肉体界卒業後に活動する世界の格の高さを意味しているのです。

 磁界エネルギーの単位は(人・年)です。これは、18歳前後の人が天から供給される1年分の磁界エネルギー量(活動エネルギー量(増幅前))を1とする単位です。

 霊位は更に細かい段階に分かれています。天界は37段の世界で構成されています。
 1段の霊位差で、磁界エネルギー量はφ(黄金分割比)倍になります。

 最も高い霊位は全体意識です。全ての人の意識は、全体意識から発生しています。
 この意識に、様々な神霊の意識を重ね合わせることにより、私たちの個人としての意識が成立しているのです。

 2番目に高い霊位は、創造神界です。
 創造神界については創造神界と磁界エネルギーを参照して下さい。

 次に高い世界は天界です。天界は守護神霊の世界です。
 この世界に入ると、個人や団体の守護神霊として働くことが可能になります。

 霊位4は天界の次に高い霊界です。守護神霊に近い想念行為の人々が位置しています。
 現在の人類では、数千万人に1人程度の割合で霊位4に到達する人が現われています。

 霊位3は優秀な人々の世界です。1万人に1人程度がこの霊位に到達しています。

 霊位1、霊位2は現在の人類の多くの人々が位置する霊位です。
 平均的な霊位と考えることができます。

 霊位マイナスは、内面意識の磁界エネルギーがマイナスの人々の霊位です。
 何らかの理由で徳(磁界エネルギー)を失い、霊位がマイナスになっている人々が、この世界に位置しているのです。

(2014.5.14 午後5時 記載)

○霊位上昇のメリット○

 霊位は物事の本質に対する理解度を意味します。私たちは見える世界だけで物事を理解している訳ではありません。内面意識(魂)で本質を把握しながら、様々な事柄を理解しています。霊位が高くなるほど、高い見地から本質を把握することができるため、より正確な判断を行うことが可能になります。

 また、霊位が高くなると、より遠い未来を創造することが可能になります。将来の夢を実現する能力が高くなるのです。
 世の中の将来の状態を把握する能力も高くなります。将来の状況を正確に把握しながら、ビジネスを行う能力が高くなるのです。当然、成功する確率は高くなります。
 このように判断力、理解力、創造力、成功力等、人としての様々な能力の高度化が、霊位向上による最大のメリットなのです。

 霊位は肉体活動終了後の世界における人の能力でもあります。
 霊位が高い人ほど、磁界エネルギー量が多いため、様々な活動を行う能力が高くなります。
 天界以上に到達すると、守護神霊として人々を導くことも可能になります。
 創造神界に到達すると、人の創造が可能になります。寿命のコントロールも可能になります。
 このように、霊位は人の永遠の財産なのです。(肉体活動終了後にも価値が持続します)

 霊位上昇はにメリットしかありません。デメリットは存在しないのです。
 霊位上昇こそが、全ての人が本来求めるべき永遠の価値なのです。

 輝の会では、徳(磁界エネルギー)による開運を受付中です。
 開運をお申込頂いた方には、徳(磁界エネルギー)をお分けします。この徳により霊位向上や積徳を実現します。

 お申込をお待ちしています。 積徳よるに開運

前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.