2重円中心間の移動方法
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
2重円中心間の移動方法
(図1)
 らせん方向のベクトルを分解すると、中心軸に平行な成分(a) と 円に接する成分(b) になります。
 中心軸と視線を合わせ、らせんと同じ回転をしながららせんを見ると、中心への直線に見えます。
 (b) の成分を、らせんに合わせて回転した人から見ると、回転を感じなくなります。回転成分を回転しながら見るので、相対的に回転は無くなるのです。
 このとき、らせんの成分 (a)、(b) のうち、(a) だけが残ることになります。
 (a) は中心軸に平行な成分。よって、これは時間方向ということになります。

 ・・時間方向がらせんの中心軸方向と2重円の中心軸方向という直行する2方向に出現することになります。

(図2)
 (図2)で人から見た点の動きは同じです。 らせんの回転も、中心軸上の認識ポイント(認識の中心)が回転することにより成立していると考えられます。 らせんの回転に合わせて回転するという動きは、上の認識ポイントの回転を停止することに相当するのです。
 認識主体が2重円の中心間を移動することにより、時間と空間の関係が入れ替わります。よって、らせん・中心軸の一方を時間もしくは空間と決めつけることはできません。 両方共に時間でもあり、空間でもあるのです。
 2重円中心間の動きの方向は、回転により変化します。時間方向には様々な種類があることになります。 平面上を全て時間方向で埋め尽くすことが可能なのです。
(2009.10.1 午後9時 記載)
前ページ  次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.