釈迦を超えた日 〜科学宗教の到来
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
第七章 積徳の法則
 ここでは日常生活における生活態度を中心にとした、霊位向上の方法についてまとめてみました。
 霊位向上は積徳量の増加により達成できます。積徳にはどのような生活態度が望まれるのでしょうか。以下、簡単にまとめてみました。

法則1 与えること

 人に何か与えると、損をしたと錯覚する人がいるかもしれませんが、それは誤解です。この世界と徳の世界は逆の関係になっています。人に必要な物や金銭を与えると、代わりに生命力があたえられます。この行為を繰り返すことにより、積徳量が増えるのです。
 但し、与えすぎは禁物です。相手が堕落してしまいます。適度に与えることが必要です。

法則2 働くこと  

 労働、物、金銭、これらは全て同じ価値を有しています。従って、物を与えることと労働を与えることは同義です。尚、社会を乱す行為を労働とは呼びません。労働により社会に貢献した分、生命力が還元されます。この生命力は更に給与に還元されるわけですが、労働量に比べて給与が少ない場合、差は自分に残ります。積徳量が増えるのです。天の計算は完璧ですから、働きすぎて損をするということはあり得ません。

法則3 慈善活動 

 慈善活動は働いて、与えることです。法則1、2の応用です。ですからこの活動により、積徳量が増えることになります。

法則4 調和した言葉や思い

 調和した言葉や思いは社会を調和、安定へと導きます。社会に良い影響を与えるのです。社会に良い影響を与えれば、霊位は向上します。言葉や思いを整えるのは、簡単なようで実は大変です。しかし努力すれば徐々に改善されます。改善されるにつれて霊位は向上しているのです

法則5 努力すること

日々与えられる生命力の量は、積徳量に比例するだけではありません。努力する姿勢が認められと、より多くの生命力が与えられるようです。社会の発展のために努力する人にはより多くのエネルギーが与えられるのです。その姿勢の継続が、早期の積徳量増加につながります。努力は天に通じるのです。

法則6 倫理感の尊重

 当然のことです。

法則7 休暇の取得

 消極的な方法かもしれませんが、休暇の取得も重要です。休暇中も生命力の供給は続きます。しかし積極的な生産活動を行なう必要がないため、生命力の消費は少なくて済みます。供給量と消費量の差が蓄積されることになり、生命力が増加するのです。

法則8 上方の意識の継続

 「上方の意識」については、第三章を参照して下さい。


 徳を減らす生活態度についてもまとめました。以下に禁止事項として記述します。

禁止1 奪うこと

 泥棒等の犯罪行為は、その罪の分だけ積徳量が消滅します。積徳量がゼロの場合、これがマイナスになってしまいます。借金をしているような状態になるのです。このマイナス分は必ず償わなければなりません。苦しい将来が待っているのです。ですから、犯罪行為がいけないのは当然なのです。
 奪うとは、犯罪行為だけではありません。人の手柄を自分の手柄にしたりすると、徳が減少してしまいます。また、労働量に比べて給料が多い場合、差の分が積徳量から減少してしまいます。この状態が継続すると、能力が低下してしまいます。従って、もらいすぎは禁物です。 「けち」も奪うことと同様です。与えるべきものを与えないことは、相手のもらうべきものを奪っていることと同じです。

禁止2 結果を求めすぎること(欲)

 地位や資格、成績等の結果を求めすぎることは、生命力の過度の消費につながります。生命力が減少し、能力が低下してしまうのです。後の活動の障害となるのです。ですから貪欲さは禁物です。
 必要な生命力は常に与えられていますから、その範囲内での活動を心掛けるべきです。さらに積徳行為を行なえば、生命力の供給量が増え、能力が向上します。このような生活態度が望まれるのです。

禁止3 目立ちすぎ

 人から賞賛を受けることは生命力の減少につながります。賞賛を受ける行為は積徳行為ですから、生命力が供給されています。ですから多少賞賛されても、トータルで生命力が減少することはありません。しかし賞賛されすぎると、生命力が減少してしまいます。
 また、出過ぎる態度は、他の人の機会を奪うという点からも、徳の減少につながるのです。
 このように目立ちすぎる行為は積徳量の減少から能力低下につながり、後の活動に支障が出ることになります。よって露出しすぎないよう、目立ちすぎないよう、我々は常日頃から心掛ける必要があります。

禁止4 怠慢

 怠慢は生命力の供給量の減少を招き、霊位の低下につながります。法則五と逆の現象が起こるのです。努力すれば生命力の供給が増えますが、怠慢は逆にこれを減らしてしまうのです。ですから、我々は常に努力を怠ってはならないのです。

禁止5 乱れた言葉や思い

 乱れた言葉や思いは社会全体に悪影響を及ぼします。社会に悪影響を与えることと霊位の低下は同義です。ですから、言葉や思いを管理しなければなりません。

禁止6 倫理感の欠如

 説明無用でしょう。政界では反省の意味で「倫理」という言葉が繰り返されていますが、この愚かさが国家全体に不利益をもたらしているのです。

禁止7 下方の意識の継続

 「下方の意識」については第三章を参照して下さい。


 積徳の効果について、まとめてみました。

効果1 能力の向上

 人間の活動は生命力の消費により行なわれています。消費は人間の生命力、理解力、創造力、企画力、気力、各種の成績や人々の賞賛、それによる自身の喜び等、あらゆる分野に及んでいます。要するに、人間の能力は生命力の量により規定されているのです。
 日々の活動力として与えられる生命力は、その人の積徳量、生命力に比例します。ですから、徳を積むことにより、日々供給される生命力が増加するのです。これは能力の向上を意味します。従って、最高の自己研鑽方法は、徳を積むことです。徳を積むことにより、あらゆる能力がアップするのです。

効果2 豊かさの享受

 積徳量が増えると、供給される生命力の量が増加するため、必然的に生活が豊かになります。生活状態は日々与えられる生命力の量で決まるからです。本当の豊かさを享受するためには、積徳が欠かせないのです。
 芸能人やスポーツマン等、華やかな世界で生きる人々は、常に高度な能力を発揮し、人々から賞賛されているため、消費する生命力の量は莫大です。それでも生命力が減少しないのは、日々与えられる生命力の量が常人よりはるかに多いからです。生命力の大きい人ほど、与えられる生命力も多いのです。結果的に大きな活動、活躍ができるわけです。
 自分の得た光、生命力は人に与えることも可能です。即ち、霊位の向上は周囲の人々の幸せにも結びつくのです。幸せになる近道は、自身を高めること、即ち積徳に励むことなのです。

効果3 社会の調和、安定、発展

 社会は個人の集合体です。個人が豊かになることと、社会が豊かになることは同じことです。積徳は個人の調和、安定、発展に結びつきます。これはそのまま社会の発展にもつながるのです。景気も回復します。

- 29 -
前ページ   次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.