マイナス金利の導入 〜日本再生の根本原理
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
金利とは
 貨幣は、経済取引の発生と共に価値を保有するものだと説明しました。次に、この価値の変化を表現する方法が必要になります。
 100円として経済取引に使用された貨幣が、次の取引で110円として使用される場合、この貨幣の価値は10%ほど増えたことになります。この貨幣の価値の変化率を「金利」と呼びます。
 例えば、労働力の対価として給料を口座振込みで受領する場合、預金として金融機関に預けることになります。預金には金利があるため、利息がつきます。ということは、我々は給与を支給額よりも大きな金額として、経済取引に使用することになるのです。
 このようにして給与を全額使用した場合、給与の価値は利息分だけ増加したことになります。
 この例では、金利を「給与の変化率」と定義していることになります。但し、その金利が確定するのは、給与全額が経済取引に使用された時点です。それ以前では、経済的な価値が発生するとは限らないため、金利を確定することはできないのです。


 金利は経済取引が行われてから確定することができます。ということは、金利は本来、事後的にしか確定できないということを意味しているのです。ですから、金利が事前に決定されている現在の預金の仕組みは、正しい制度とはいえないのです。
- 2 -
前ページ   次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.