積 徳 に よ る 先 祖 供 養 ・ 水 子 供 養
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 積徳による先祖供養
神霊は霊を救済できない(先祖供養ができない)

 神霊(人の体の無い神様)は未浄化な霊を救済することができません。当然先祖供養もできません。
 その理由は以下の通りです。

 世界は意識による認識結果です。
 世界を構成するためには、2方向の意識が必要です。
 この2つの方向は、一体化する方向と分離する方向です。
 この2種類の意識により、分離と一体化を繰り返すことにより、認識処理は行われます。
 その結果、認識像(私たちの世界)は構成されているのです。

 天界以上の霊位の世界は完全調和の世界です。この世界は守護神霊の世界でもあります。
 この世界では、常に全神霊が一体化しながら活動しています。
 (もちろん個性も存在します。個性的な神霊の世界です)
 ですから、天界以上の霊位の世界では、分離する方向の意識が存在しません。

 分離する方向の意識は、天界以下の霊位の世界を構成するために発生しています。
 分離する方向の意識は、私たちの世界を構成するためにも当然必要です。

 霊位がマイナスになる理由は、2方向の意識のうち、分離する方向に意識が偏るためです。
 霊位がマイナスになる方は、分離する方向に意識を過度に使用する傾向があります。
 周囲の人より自分のみを大切にする傾向が強いのです。その結果、霊位がマイナスになるのです。
 分離する方向の意識を過度に使用すると、徳を失う原因となります。
 また、分離方向の過度の意識による行動も失徳行為です。
 分離方向に過度に意識を向けた人々は、他界後に霊位マイナスの世界に移行します。救済が必要な状態になってしまうのです。

 霊位とは、平均的な意識の方向です。その人が生涯で(一体化/分離)の2方向のうち、どちらの方向にどの程度意識を向けたかにより、霊位は決定されるのです。

 霊位マイナスの霊を救済するためには、その霊の方向に意識を向ける必要があります。 霊位マイナスの世界は、分離方向の意識に偏った世界ですから、分離方向に意識に偏らせることが、霊の方向に意識を向けることになります。

 人の体は、(一体化/分離)の両方向の意識で構成されています。両方向の意識による認識処理の結果が体なのです。このように、私たちの意識は常に両方向を向いています。
 体で活動する私たちは、(一体化/分離)の両方向に意識が向くため、霊位マイナスの霊に意識を合わせることが可能です。
 霊位マイナスの霊に意識が合った状態で徳(磁界エネルギー)を霊に与えることにより、霊の霊位を引き上げる(救済する)ことができます。これが輝の会の先祖供養方法です。

 天界以上の霊位の神霊には、分離する方向の意識が存在しません。ですから、分離の方向に意識を向けることができません。その結果、霊位マイナスの霊に意識を合わせることができません。
 天界以上の霊位の神霊は、救済が必要な霊に意識を合わせることができないのです。ですから、霊位マイナスの霊を救済することができません。

 天界以下の霊位の霊には分離方向の意識もあります。しかし、その方向を自由にコントロールすることができません。
 (一体化/分離)の平均的な意識の方向自体が霊位であり、固定されているためです。
 (個人の意識のあり方で、霊位は変化を続けます)
 ですから、天界以下の霊位の霊が、霊位マイナスの霊を救済することはできません。

 霊位マイナスの霊を救済するためには、体で活動する人が、意識の方向を救済対象の霊に合わせた上で、天界以上の神霊の徳(磁界エネルギー)をこの霊に提供する必要があります。
 そのためには、天界以上の神霊の徳(磁界エネルギー)を自由に使いこなす必要があります。

 輝の会の圧倒的な救済実績(後述)は、体のある滝沢輝(輝の会会長)が、自身の霊位を創造神界に到達させたために実現できました。
 体があるので、意識を霊位マイナスの霊に合わせることが可能です。
 また、魂は創造神になっているので、莫大な徳を霊に提供することが可能です。

 その結果、大勢の霊を救済することが可能なのです。 救済実績は、すでに3600億人を超えています。(2013.3.31時点。昔の先祖の霊などを救済しています)

 輝の会は、既に人類を代表する宗教なのです。

前のページへ     次のページへ

先祖供養・水子供養の目次
先祖供養・水子供養の重要性
 先祖供養・水子供養の重要性に関する説明。先祖供養によりご先祖様は霊としての格を高め、守護神霊として私たちを守って下さいます。水子供養により水子の魂は神霊として向上することが可能です。
先祖供養・水子供養の原理
 先祖供養・水子供養の原理の解説。ご先祖様や水子の霊としての状態は、徳の量(積徳量)で決まります。積徳量が多いほど、高い霊的境涯に到達できます。輝の会では徳をご先祖様や水子に提供することにより、ご供養を実施し、高い霊的境涯に到達して頂きます。
先祖供養・水子供養の原理(詳細説明)
 先祖供養・水子供養の原理に関する詳細な説明。 徳の提供によりご先祖様や水子のご供養ができる理由を分かりやすく解説しています。
霊位上昇による理解の高度化
 輝の会の先祖供養では徳をご先祖様に提供することにより、霊としての格を向上させて頂きます。これを霊位向上と呼びます。霊位向上は理解の高度化を意味しています。輝の会の先祖供養はご先祖様を高い悟りの境地に導いているのです。
先祖供養による守護神霊の誕生
 輝の会の先祖供養を受けられたご先祖様は天界(守護神霊の世界)に到達します。その結果、守護神霊としてご家族を守ることができるようになります。
霊位分布図
 全世界の人々の霊位分布図です。分布図から霊位をご理解頂きたいと思います。
神霊は霊を救済できない
 神霊は先祖供養ができません。神霊は霊を救済することができないのです。神霊と一般の霊は場(波動)が一致しないため、霊の救済は不可能です。
神霊の霊位図
 神霊の霊位図です。仏教、神道は天界2段目の神霊が中心です。キリスト教は天界14段目の神霊が中心です。輝の会本尊は創造神界に到達しているため、仏教、神道、キリスト教より供養する力が強いのです。
先祖供養の例(輝の会守護神)
 輝の会には守護神が大勢おられます。 輝の界守護神は、輝の会の先祖供養により、天界(守護神霊の世界)に到達された方々です。
輝の会守護神
 歴代天皇全員、釈迦、イエスや仏教各宗の開祖の方々や、美空ひばり、石原裕次郎などの方々が、輝の会守護神として活動されています。(敬称は省略しています)
読経は徳(磁界エネルギー)生成行為
 仏教の供養で行われる読経は、徳を生成する行為です。ですから、先祖供養の方法は輝の会の徳の提供と本質的には同じです。しかし、徳の発生源である神霊の霊位は輝の会の方がはるかに高いため、ご供養効果は輝の会の方がはるかに大きくなります。
輝の会の先祖供養は読経よりもはるかに効果的
 輝の会の先祖供養では、輝の会会長自身の内面意識(輝の神)の徳(磁界エネルギー)を直接ご先祖様に提供するため、読経による供養よりもはるかに効果があります。
仏式の葬儀より効果的な輝の会のご供養
 輝の会のご供養で提供する徳の量は仏式葬儀の7000倍以上です。
先祖供養による開運効果
 先祖供養によりご先祖様が天界入りすると、守護神霊として働くことが可能になります。その結果、家やお申込者の雰囲気が明るくなり、運気が改善します。
全世界の1年間の労働価値でも自殺者救済は不可能
 1人の自殺者を救済するために必要な徳の量は、全世界の1年間の労働価値を
上回ります。
藤圭子さんを救済した輝の神
 輝の会は藤圭子さんを天界に導きました。現在では輝の会守護神になられています。
学生時代に岡田有希子さんを救済
 滝沢(輝の会会長)は岡田有希子さんを1986年に救済しました。
日航機墜落事故犠牲者全員救済
 2014年8月11日に日航機墜落事故(1985.8.12発生)の犠牲者全員(520名)を天界に導きました。全員輝の会守護神霊としての活動を開始しています。
輝の会の活動実績
 輝の会は3600億人以上の方のご供養を実施しました。
 キリスト教や仏教の実績を大幅に超えています。
東北地方太平洋沖地震による犠牲者のご供養実施
 輝の会では東北地方太平洋沖地震による犠牲者全員のご供養を、地震発生直後に実施しました。 既に全犠牲者の救済を完了しております。
先祖霊位診断について
 先祖霊位診断とは、お申込者のご先祖様の霊位(霊位、段階、磁界エネルギー量)を診断し、お知らせするサービスです。お申込者とご先祖様をつなげ、交流して頂くためのサービスです。

先祖供養・水子供養お申込方法
お申込金額と提供する徳の関係
 お申込金額と提供する徳の関係を説明。3千円で先祖供養、水子供養が可能です。
莫大な徳を提供できる理由
 輝の会では、徳(磁界エネルギー)の生成方法を理論的に解明しているため、徳を大量に生成することができます。
神霊の徳提供能力
 輝の神(輝の会本尊)の徳提供力は、大宗教(仏教、キリスト教等)の最高指導神霊の1万倍以上です。
先祖供養・水子供養のお申込方法
 先祖供養・水子供養のお申込方法のご説明。ネット上でお手続は完了します。
特別先祖供養
 特別先祖供養とは、霊位が極端にマイナスになっているご先祖様向けのご供養です。自殺された方の救済も可能です。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.