5 次 元 理 論
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
自他分離
 まず、認識の原理について考えてみる必要があります。認識とは何なのでしょうか。
 認識には「認識する者」と「対象物」、が必要になります。単純に表現すれば、自他の2者が必要、ということになります。
 我々が認識しているのは全て「他」なのです。自分を認識することはできないのです。試しに自分自身を探してみて下さい。どこにも自分自身を見つけることはできません。肉体を自分だと思っている人がいるかもしれませんが、そうではありません。肉体のどこに自分がいるかを冷静に考えてみると、どこにも自分を発見することができないのです。
 脳も自分自身ではありません。胸も自分自身ではありません。自分の肉体であっても、自分自身ではないのです。冷静に考えれば分かることです。
 ですから、認識には必ず自他の分離が必要となるのです。自らの意識を自他の2方向に分離し、一方から他方を認識した結果が、我々の世界、ということになるのです。
 尚、自他の2種類の意識は、共に自分自身の意識です。ただ、分離しない限り、認識像を生成することができないため、意識を2種類に分類しているのです。
- 3 -
前ページ   次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.