経済成長と貨幣の保有期間の関係
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 外国為替理論の再構築
本文の前提条件

1. 貨幣の価値は経済取引の瞬間にだけ発生すると考えます。
  (「理想的な貨幣状態」と呼ぶことにします)
2. お金は銀行が管理します。
3. 商品・サービスの購入者は銀行から貨幣を借ります。また、提供者は受取った
   貨幣を銀行に預けます。  

以上、著書「マイナス金利の導入」と同じ条件で説明を行います。


経済成長と貨幣の保有期間の関係

 年に1回、1円の経済取引が行われる場合を考えます。1年に1回しか取引が行われないので、貨幣の保有期間は1年ということになります。

(図1)
 (図1) の場合、A、B間で1円の取引が行われます。Aが商品を購入してから1年後に、BがAから1円の商品の購入を行います。このように交互に購入を繰り返します。

 この場合、経済取引総額Gは   

  G = 1(円/年)     

 となります。

 次に半年に1回、1円の経済取引が行われる場合を考えます。半年に1回経済取引が行われるので、貨幣の保有期間は半年(0.5年)ということになります。

 図2) の場合、A、B間で1円の取引が行われます。Aが商品を購入してから半年後に、BがAから1円の商品の購入を行います。このように交互に購入を繰り返します。

(図2)
 この場合、経済取引総額Gは

  G = 2(円/年)     

 となります。 以上の内容をまとめます。

貨幣の保有期間 経済取引総額(G)
(図1) 1年 1円
(図2) 0.5年 2円
(表1)貨幣の保有期間と経済取引総額の関係
 以上から、経済取引総額と貨幣の保有期間には、以下の関係があることがわかります。

  G = 1/T   (Gは経済取引総額(円)、Tは貨幣の保有期間(年))

 貨幣の保有期間が長くなると、経済取引総額は減少します。逆に、貨幣の保有期間が短くなると、経済取引総額は大きくなります。経済取引総額と貨幣の保有期間は、互いに反比例するのです。    

 この原則は 「経済取引が行われる瞬間にだけ、貨幣の価値は発生する」という前提条件下で、必ず成立する性質です。経済の根幹をなす大原則なのです。
(いろいろなパターンで考えてみて下さい)

(2007.4.25 午前0時 記載)
前のページへ     次のページへ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.