先祖金運サービス
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 ホーム > 先祖金運サービス
男性人気アナウンサーの金運及び先祖金運 2015
順 位 氏 名 本人金運
(億円)
先祖金運
(億円)
今回 前回
1 1 桝太一 14.2 646
2 4 羽鳥慎一 12.8 413
3 9 辻岡義堂 10.4 385
4 5 武田真一 8.6 436
5 2 上重聡 8.6 563
6 - 榎並大二郎 8.4 476
7 - 山本匠晃 7.9 387
8 - 安村直樹 7.7 368
9 - 宮根誠司 8.6 476
10 6 軽部真一 7.3 422
           (2015.12.23 確認)

 オリコンが「第11回 好きな男性アナウンサーランキング」を発表しました。

 一覧表に、ランキング入りしたアナウンサーの本人金運及び先祖金運を記載しました。

 特徴は、ランキング順位と本人金運順位がほぼ一致していることです。
 また、昨年と比べて本人金運が大幅に増加しています。

 昨年8〜10位の本人金運は4億円以下でしたが、今回はトップ10の最低本人金運が7億円を超えています。
 金運を増やすアナウンサーが増加していることが、その理由だと考えられます。

 輝の会では、金運サービスお申込者に金運を提供しています。
 お申込頂ければ、提供させて頂く金運で人気は上昇します。

 金運の重要性をご理解頂きたいと思います。

(2016.1.5 午後8時 記載)
前のページへ     次のページへ

先祖金運サービス 目次
先祖金運の発見
 先祖の金運は私たち自身の金運と同様に、私たちの生活に大きな影響を与えます。
日本人の先祖金運
 2014年9月現在、日本人の先祖金運は948兆円程のマイナスとなっています。
先祖金運別人数分布図
 先祖金運別の人数分布図(日本人)を作成しました。
中国の経済発展は先祖金運の賜物
 中国の経済が発展し、世界第2位の経済大国となった最大の理由は、莫大な先祖金運にあります。
マイナスの先祖金運返済の重要性
 日本人の先祖金運合計がプラスになれば、GDPは年率で3%以上増加します。
笑点司会者の決め手は先祖金運
 笑点メンバーの先祖金運、本人金運を公開しました。
第2次安倍改造内閣の先祖金運
 第2次安倍改造内閣の主要閣僚の先祖金運を表に記載しました。
ノーベル賞受賞者を支える先祖金運
 ノーベル賞受賞には大きな金運(先祖金運)が必要です。
アントニオ猪木氏を支える先祖金運
 アントニオ猪木さんが長期間活躍できるのは、莫大な先祖金運の賜物です。
才能強化により飛躍した錦織圭選手
 錦織圭選手が2014年に急激に強くなった理由を才能・金運別に解説。
人気アナウンサーに欠かせない金運及び先祖金運
 「第11回 好きな女性アナウンサーランキング」に選ばれたアナウンサーの金運及び先祖金運を公開。
女性人気アナウンサーの金運及び先祖金運 2015
 「第12回 好きな女性アナウンサーランキング」に選ばれたアナウンサーの金運及び先祖金運。
人気アナウンサーに欠かせない金運及び先祖金運(男性編)
 「第10回 好きな男性アナウンサーランキング」に選ばれたアナウンサーの金運及び先祖金運を公開。
男性人気アナウンサーの金運及び先祖金運 2015
 「第11回 好きな男性アナウンサーランキング」に選ばれたアナウンサーの金運及び先祖金運を公開。
金運が多い女性ほど美しい
 女性ファッション雑誌「cancam」専属モデルの本人金運と先祖金運。
又吉さんの芥川賞受賞は莫大な先祖金運の賜物
 又吉さんは莫大な金運(先祖金運)に恵まれています。
 これが芥川賞受賞の主な理由です。
山岸舞彩さんの結婚は莫大な先祖金運の賜物
 山岸舞彩さんには莫大な金運があります。これが結婚相手に恵まれる理由です。
人気アーティストの活動継続には莫大な金運が必要
 ATSUSHIさんだけがEXILEで活動を続け、他のメンバーが卒業する理由を解説します。
先祖金運は子孫全体に影響を与える
 先祖金運の一部のみを自分の金運として使用できます。
先祖金運全額が子孫の収入になるとは限らない
 先祖金運は組織の売上増加等の対価として使用されることがあります。
先祖金運サービスのお申込方法
 先祖金運サービスのお申込方法の説明。

先祖金運診断
先祖金運診断
 先祖金運診断とは診断対象者に影響を与えているご先祖様の合計金運を診断し、
 お知らせするサービスです。

先祖金運サービスによる効果の実例
株価上昇を実現した先祖金運サービス
 株価上昇(2014年10月〜2015年5月)の理由は、輝の会による先祖金運提供です。
株価下落を予告した金運診断(先祖金運診断)
 輝の会は株価下落を予告していました。

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.