5 次 元 理 論
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
まえがき
 5次元は存在するのだろうか?――
 「5次元は存在するのかもしれないが、私には到底理解できない」 
 と考えている人が多いようです。
 本当に5次元は存在するのでしょうか。


 答えは簡単です。5次元は存在します。しなければならないのです。


 では、なぜ5次元が存在しなければならないのでしょうか。それは、5次元を想定しない限り、世界の構造を正しく表現することができないからです。
 20世紀までは、4次元で全ての存在を表現できると考えられていましたが、これは正しくありません。5次元を想定しない限り、我々は世界を表現することができないのです。
 詳しくは本文に譲りますが、我々はいつも5次元を認識しているのです。ただ、気づいていないだけなのです。
 では5次元とは何なのでしょうか。これは意識の方向性です。全ての存在を物質ではなく、意識作用として表現する必要があるのです。このときの意識の方向性を、5次元と呼んでいるのです。物質の存在を否定して、意識作用と捉えるのは、大胆な仮説と思われるかもしれません。しかし、証明は意外に簡単なのです。物質の存在を否定できれば、これを意識作用に置き換えることは、それほど困難ではありません。5次元は意外に身近なところに存在しているのです。


 本書ではこの5次元の存在を証明し、あわせてその考え方、方向性の基礎となる部分を簡単に説明しています。
 5次元は21世紀の人類にとって、最も重要な発見になるものと思われます。ですから一人でも多くの人に、本書を通じて5次元についての理解を深めて頂きたいのです。それが人類の飛躍的な発展につながるものと信じてやみません。
次ページ

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.