5次元の基本構造 ・・ 2重球構造
輝の会は不良債権問題等、日本及び世界の金融経済問題を解決しました。
 2重円構造で、認識の基本について説明しました。しかし、この構造では、平面状にしか意識が動かないことになります。私達は、前後上下左右を全て認識しています。この状況を説明するためには、2重円構造では不十分ということになります。 この状況を打開するために、2重球構造を考えることにします。
 同じ大きさの球2個(点A、点Bを中心とする球A、球B)を、一方の中心が他方の球面に接するように配置します。互いの中心が、相手の球面と接する関係は常に持続されます。
 球Aが球Bの周囲を時計回りに回転する場合を考えます。回転角度と同じ角度だけ球Aを逆方向(反時計回り)に自転させます。この関係を持続したまま360度の回転を行うと、球A上にあり、点Bを通る各点は、点Bを中心とする単振動を行います。(振幅は、球の直径に一致)
 この運動では、球A上の円状の部分(点A、点Bを通る軸を含む平面と球Aの交点)のみが、点Bを通る単振動の動きをすることになります。
 球A上の点すべてが点Bまわりの単振動を行うには、球Aを球Bの回りに回転させながら、(点A、点Bを通る)軸の回りに回転させる必要があります。尚、軸の回りの回転は、上図の矢印の回転と比べて、はるかに遅い回転になります。前者の回転数無限大に対して、後者1回転を想定して下さい。そうすると、球A上の各点は全て、点Bを中心とする単振動を行うことになります。

 このように、2球の相互作用により、球面の動きを単振動に変換することが可能です。  (以上の説明は、2重円の説明を参照していただければ、分かりやすいと思います)  

 2重円の運動は、2重球の運動を、ある平面(点A、点Bを通る平面)で切ったときの切り口の形をしています。2重円では、この平面上に運動が限定されるのですが、2重球では、この平面自体の回転も行うことになります。
 以上から、2重球構造による回転運動の単振動への変換は、2重円構造による単振動(平面上の振動)を、点A、点Bを通る軸の回りに回転させた状況になることがご理解頂けると思います。

 この状況は、上下左右を認識する私達の認識状況にちょうど符合することになります。  認識対象(物)が球、意識(物の前後を移動)が単振動で表現されていることになります。

 尚、球Aが球Bの回りを回転する場合を説明しましたが、球Aが固定だと考えることも可能です。この場合、球Aと球Bの相対的な関係は維持されると考えます。 そうすると、球B上の各点が、点Aを中心とする単振動を行うことになります。

 点Aを中心とする単振動と点Bを中心とする単振動の動きは、足し合わせるとゼロになります。(2重円の説明ご参照)私達が回転を感じないのは、回転成分が打ち消された状況になっているためです。

 以上の説明から、2重球構造が、意識の基本構造であることをご理解頂けると思います。

(2006.11.21 午後8時 記載)

Copyright © Akira Takizawa all rights reserved.